FC2ブログ
Loading…
 

2011年4月に観た映画

2011.08.09 映画   comments 8
eikokuou.jpg 4/4
 英国王のスピーチ
 ★★★★

 監督 トム・フーパー
 2010年 イギリス/オーストラリア
 118分

 コリン・ファース
 ジェフリー・ラッシュ
 ヘレナ・ボナム・カーター
 ガイ・ピアース


地味な映画なんですけどね。良かったです。
アカデミー賞受賞も納得。しみじみ、ちょっとホロリ、くすっ。
コリン・ファースの演技がとても自然で。うん、気持ちよく観れました。

les_enfants.jpg 4/27
 天井桟敷の人々
 ★★★★★

 監督 マルセル・カルネ
 1944年 フランス
 190分

 ジャン=ルイ・バロー
 アルレッティ
 ピエール・ブラッスール
 マリア・カザレス


これは、これは。いいですね~。いいですね~。もう本当に。
大好きです!やっぱり私、古い映画が好きだなぁ・・・。
こんな良い映画が1000円で観られるなんて幸せすぎる。
東宝さん、ありがとう。(「午前十時の映画祭」にて観ました)

「天井桟敷の人々」は生きてるうちに、また何度か観たい。
大満足です。完璧です。とは言いながら。一つ難点はありました。

ヒロインが、どうも絶世の美女とは思えず。
貫禄あるおばちゃん顔なのよね・・・ここが残念だった。
次第に物語にのめり込んで、気にならなくなりましたが。

「良い!」と思っても、どこがどう良かったか説明できません。
具体的にポイントを指し示すこともできないし・・・。
とにかく、良かったものは良かったのです(笑)

私。たぶん、映画って、あんまりわかってないと思います。
ただ、好きか、嫌いかだけ。全体の印象だけ。
無我夢中で観て、終わったとき満足の溜息が出たら満点。

感動しすぎると、誰かと観に行ったとしても、終わった後しばらく、
口もきかずに余韻に浸りきります(笑)
たまに感極まり過ぎて泣き、帰る道すがら「思い出し泣き」をします。

ただ、頭からっぽにして、その世界に没入するだけなので。
監督の手法だの、こだわった部分だの、全然見えてきません。
こんなの作れちゃうなんて凄いなぁと、ひたすら感心するばかり。

入り込めない映画は、人の心が描けてないんだと思う。
それに細部までこだわって作っていないものは、立体感がない。
観る人が無心になれるのは、世界観が確立できているからです。

「どこどこが良かった」なんて感じないくらい、惹き込まれる。
こみ上げてくるものがあり過ぎて、言葉にならない・・・。
そして、素晴らしいものに出会えた喜びに深々と満たされる。

私にとって、いい映画は、そういう映画。

関連記事

天井桟敷の人々、私も好きです。
昔のモノトーンの映画には、今とは違う迫力を感じます。
題名は忘れましたが、”タイタニック”を描いた映画。
こちらも、心に迫る迫力がありました。
足りないものを補おうとする作り手の、熱い想いなのでしょうか?
なんちゃってね・・・。
2011.08.10 09:19 | URL | ヤセオオカミ #- [edit]
白黒映画、大好きです。
「色」で気が散る、っていう面もあるのかな・・・
モノトーンの方が、没入できますね。

きれいな色彩も魅力ではあるのですけれど。
色がない方が、表情や思いが強く訴えかけてくるような・・・。

作り手の熱い想いは、いつの時代も変わらないと思いたいですが。
昔のものの方が切迫したものがあるように感じてしまいます。

この映画はお好きな人が多いのですねぇ。
ツイッターでも盛り上がりました(って言っても数人ですが)
2011.08.10 12:58 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]
こんばんは。

ツイッターで盛り上がりましたね(笑

「天井桟敷の人々」は宝石のような作品。
何度でも観たい。

で、ヒロインですが。
そうなんですよね、私も彩月さんと同じことを感じていました。
どうしてこのひとが?って。
でも、観るうちにそんなことも気にならなくなるほど
入り込んでしまって。

「英国王のスピーチ」はずいぶん評判になっていましたね。
当地には観たい作品がかかる映画館がなく、まだ観ていないのですが。
っていうか、この前観たのが「めがね」ってあまりにも古い。。。
「かもめ食堂」が好きで次も観てみたのですが、こちらはちょっとなあ、でした。
2011.08.11 22:51 | URL | ハル #jjURaDtE [edit]
ほんとに~。楽しかったです。

ヒロイン。やっぱり思いました?
一座の女の子の方が、きれいじゃないの~って。
声も野太いですよねぇ。でも、気にならなくなります。

いいものは、いい。とにかく、いい。無条件にいい。
こういう作品が世の中に存在することに幸せを感じます。
大袈裟じゃなく・・・そのくらい、素晴らしい。

あ、私も「かもめ食堂」が好きで「めがね」はいまいち。
荻上直子監督は、最新作の「トイレット」も良かったです。

もたいまさこさんが凄くて・・・(笑)
不器用に生きてる人を応援してくれる感じで。
でも、一番は、やっぱり「かもめ食堂」だなぁ。

英国王のスピーチも、地味にいい映画です。
この内容で退屈しないって凄い、と思いました。
2011.08.12 09:49 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]
『英国王のスピーチ』、私も観ました!
即位後、娘たちに初めて「陛下」と呼ばれるシーンが印象的でした。
王座につく者は常に孤独なんだなと。
でもその重圧の中で、真摯に努力し続けるジョージ6世の姿にじんわりしました~。
ただ、結局最後までローグを「ライオネル」と呼ばなかったのが、チト寂しかったですv-356
(時代背景と彼の立場を考えれば当然ではあるのですが…)
2011.08.12 11:51 | URL | 本読み人M #- [edit]
あ、御覧になりましたか!
そうそう、「ライオネル」って呼んで欲しかったなぁ。私も思いました!
でも、それを頑固にしないところが、やっぱ英国王なんだな、って(笑)

王座に着く者の孤独・・・うん。うん。
あの時代に、権威にひれ伏さなかったローグも格好良かった。

苦手なことって誰にでもあるけど・・・克服できるんだ!
私も頑張るぞ~って、ちょっと単純に決意してみたりして。
何を?かは、内緒ですe-291
2011.08.12 20:31 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]
英国王は私も見たいです。私もよく吃るので他人事じゃないなって(笑)

天井桟敷そんなにいいんですねー。クラシック名画を映画館で見れるのは至福ですよね。私も見たいクラシック名画いっぱいあります。

いまTSUTAYA行っても置いてないですからね。寂しいですよね。

私はチャップリンが大好きで、『街の灯』が特に好きなんですが、氷香さんはご覧になりました?(^^)
2012.09.24 17:33 | URL | トトラ #- [edit]
アカデミー賞も、まだ大丈夫だな、と思いました。
こういう地味な作品に与えるのは良いな・・・と。
ほんと、俳優さんが上手かった・・・

天井桟敷は素晴らしかったです。
チャップリンは観る機会を逸しているのですよねぇ。
昔、何か観ましたけど・・・何だったんだろう。

映画館で観られたらいいのですけど。
白黒だと、余計にそう思います。
昔のものほど、なおさら映画館で観たいなと・・・

2012.09.25 20:30 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1054-a10e09e1

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 2011年4月に観た映画
  • 2011年08月09日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***