FC2ブログ
Loading…
 

人生がときめく片づけの魔法  近藤麻理恵

4763131206
サンマーク出版
Amazon

めちゃめちゃ、売れてるそうで。
片づけ本の決定版!みたいな宣伝を新聞で目にしました。

あ゛ん?と、胡散臭く感じつつも、図書館予約。
なんと、250人待ちでした~! うわー!大人気なのね。
いつ読めるやら、今年中は無理だな~。

はい?なのに、何故、感想を書くのか? もちろん読んだからですっ!
え?買ったのかって?そーんなワケないじゃないですか!

私が本を買うというのは、よっぽどのことなのです。
買う本は、一生持っていたい本だけですから。

はい。立ち読みしました(爆) 最初から最後まで!

えーっと。本屋さん、ごめんなさい。
パラパラと目を通すだけのつもりだったんですけど。
読みやすい本なので、読めちゃったんです・・・。

自分でも、そこまでするつもりはなくて。反省してます。

と、前置き長くなりましたが、立ち読み感想文だということを、
どうぞ皆様ご考慮の上、続きはお読みくださいませ。

何が、そんなにスゴイんだ?と疑心暗鬼な私。
読み始めてまず、この人の片付けに捧げた人生に失笑。

いや、バカにしてるんじゃありません。
自分自身と重ね合わせて、もう、この情けなさに共感出来過ぎて・・・
彼女よりは、私はマシだと・・・思う・・・思いたい・・・でも似てる。

片付けては散らかし、片付けては散らかし、何故か必死で整理整頓。
そもそも、なんで、こんなことに血道をあげなきゃならないんだろう?

ま。やはり。片付けの基本は。
「捨てる」なんです。ここは、変わらない。

いかに捨てるか。何を捨てるか。どうやったら、捨てられるのか!
ここんとこですよね、問題は!

彼女の提唱する内容で、新しい、と感じたことは、二つ。

◆「一気に捨てたらリバウンド」は嘘!勢いよく短期間に捨てるべし!
◆「手に取ってみて、ときめかない物」は全て捨てる!

え~。過激です。ひるみます。
でも、確かに、これが一番の方法なんだと思います。
ただ。片付けたい気持ちを強く持っている人にしか通用しない気も。

手にとって、ときめかないものなんて、沢山ありますから~!
それら全て捨てても後悔しない、と著者が断言するのを信じられるか?

あと、実践的だと思ったことは。場所別でなく、アイテム別に片付けること。
これは、草間雅子さんも言ってましたよね。
草間雅子「美的収納プログラム」⇒過去記事です)

「服」「本」「食器」というように、アイテムごとに片付ける。
服、と決めたら、家じゅうの服を一か所に集めてから作業に入る。

何故かと言えば。場所ごとだと、後になって同種の物が出てくるから。
クローゼットの服を片付けても、タンスにも、押し入れにも服はある。
だから、片付いたようで、片付いたとは言えない状況が発生する。
はい、ごもっとも~。

私は、ボチボチ、ちびちびと、ほら、一日一個物を捨てましょうルール、
みたいな感じで物を減らしてるわけですが。
ま、これは、根本的解決には至らないということは承知してます。

捨てることが精神的にしんどいんです、やっぱり。
しかも私、すでにそんなに無駄な物は持っていません。
残っているのは、捨てるには惜しいようなものばかりです。

なので。私はフリマで一気に売り払う予定にしています。
過去にも開催してますが、物が良いせいか結構な人気店なんです。
まぁ、とは言え、泣きたいほどの叩き売りですけども・・・。

片付けて、どんな良いことがあるのか?
これは、断捨離本や、カレン本と同じで、「人生の運気が開ける!」

ここんとこ、どうでしょうね。
そこまでスッキリできてない私には、まだ実感ありませんが。

物を減らした方が、いい物が入ってくるようになるのは感じます。
あと、イライラすることは減ると思います。
嫌いなものを目にしなくていい効用は大きいですし、
物が少ないと、探しまわらなくても置き場所を把握できます。

使える物と、愛用できる物の違いは、侮れません。
生活に占めるのが、どちらが多いかで日々の暮らしも変わります。
(使える物でいいなら、何もかも百均で買ってもいいわけです)

いい道具を持てば、小さな作業も楽しくなります。

私。とりあえず。この本を読んでから、マニュキアを4本捨てました。
うわっ。細かいっ。たったそれだけ~?

でもね。ずーっと、捨てるか捨てまいか悩んでいたのです。
小さくて場所も取らないしね。使い切ってからでいいか、って。

それを捨てる勇気が出たのは、私には収穫です。
捨てたいのに捨てられなかったものだから・・・。
(たかがマニュキアとは言え、私らしくない物でした)

決め手は、「手にしてときめくかどうか」という問いかけ。
これは、かなり効き目のある呪文だと思います。
皆様も、ぜひ一度、お試しあれ。

というわけで。かなり、オススメな片付け本でした。すぐ読めるし(笑)

(2011.9.27)
「片付けは祭りだ」と著者はおっしゃいます。
さっさと勢いで済ませてしまって、卒業するべきだ、と。
グズグズ長引かせて、片付けなんかに人生を費やすな、と。

うん。うん。うん。大いに同意。

片付けなきゃ、と思わず生きられるようになったら。
エネルギーをもっと大切なことに使えるようになりますよね。
私も。秋のフリマ以降、思い切ってバッサリ片付けます!

数々読んできた片付け本の中で、本書は堂々2位。立派。
ちなみに不動の1位は、こちら。(翻訳にやや難ありなのが残念ですが)

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
(小学館文庫)

カレン・キングストン 田村 明子


関連記事

彩月さん、

立ち読みしちゃったんですかー?!
お貸ししましたのに(笑)

これ、かなりイイでしょう。
私も「ときめくか or ときめかないか」という判断で結構な量の服を捨てました。かなりスッキリしましたよ。

また捨てるときは「これまでお世話になったね、ありがとう」と付け加えれば、少々の未練があっても断ち切れます。

私も色々な片付け本読みましたが、これはベストでした。
むむむ、しかし不動の1位の片付け本があるのですね。
これは読まねばならないなあ。

ところで、本を買うか買わないかという話ですが、私はばんばん買っちゃいます。本だけは衝動買いしたり、レコードのジャケ買いならぬ帯買いとかしたりします。
というわけで本がたまっていく。そして、奥さんに「何冊買ったら気がすむねん!本もタダとちゃうねんで、こらー(原文をやや脚色しております)」と怒られるのでした。
もっと我慢せねば。。
2011.10.12 14:17 | URL | 速読おやじ #JyN/eAqk [edit]
さすが~。お読みになりましたか!
はい、立ち読みしちゃいましたっ。これは、威張れません(笑)。

ええ、かなりイイと思います。
でも、やっぱり不動の1位は動かないですねぇ。
ボリュームはありますが。お時間あれば、読んでみて下さいね。

本とCDは、一度処分すると、そのしんどさを味わいたくなくて、
買うことを控えるようになります・・・。
というか、彩月は、お金がなくて、買えません。
昔は買いましたけども・・・(結構、バンバンと)。

ええ。書籍は、同居人の理解をなかなか得られませんね。
増殖のスピードが速いので、まぁ仕方ないかしら。
それ以前に、購入費もなければ、置き場所もない私(涙)

ただ、近頃、自分が読みたい本は絶版が多いと気付き。
被服費を大幅に削ってでも、本代を捻出しようと決意しました。
ええ、図書館にもないような本が多いのです・・・

宅建の試験終わったら、古本屋巡りをするぞぉ~!
(収納場所は・・・どうしよう・・・)
2011.10.12 19:24 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]
ははは、頑張りましたねー。
私もこの手の本は立ち読みです。
買うのも待つのももったいない貧乏性なんです。

洋服も確かにこうしてたたむと綺麗なんですよね。
ですが、襟元が内に入るので、結局何の服か、兄のか、弟のか、さっぱり分からなくなりました。
それでも、たたむ行為が楽しくなる気がします。
この人は家事をしている時間そのものが幸せそう。

愛着あるものだけに囲まれるのは素敵でしょうね。
氷香さんのように、向き合って出しては、次に良いものを入れて。
これが正解で美しいと思います。

私も自分のイメージと違うものを使うのは嫌です。
随分前からタオルハンガーがぼろぼろなんですが、白とステンレスのシンプルなものが欲しい。
なのに、店頭にはプラスティックのピンクと水色と青しかない。
ぼろっぼろのまま3年が経過しようとしていますが、意地でも買わない(笑)
ばかばかしいですが変に頑固です。


2011.10.13 16:23 | URL | ごろちゃん #JyN/eAqk [edit]
ええ、頑張っちゃいました!

近頃は、この手の本を読む時間も勿体ないのではと思い始め・・・
いや、こういうジャンルを否定するわけではないのですが。
他にも読みたい本が山積みなので。そろそろ卒業したいです。

家事を楽しむ、って大事なことですよねぇ。
あと。こだわりを貫くこと。うん、ここ!頑固、万歳~!
ぼろっぼろのまま3年が経過しても、理想のを求める!エライっ!

しかし、なんで家庭用品って、オカシな色合いが多いんでしょうね?
2011.10.13 20:20 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1183-60284e5c

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 人生がときめく片づけの魔法  近藤麻理恵
  • 2011年10月10日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***