FC2ブログ
Loading…
 

プラトン入門  竹田青嗣

2011.11.29 哲学   comments 2
4480057900
ちくま新書
Amazon

プラトン入門、というタイトルですが。

プラトンばかりでなく、哲学全体の流れが垣間見えます。
いえ・・・そもそも、哲学とは何なのか?
著者の哲学への愛情が伝わってきます。

著書は、プラトンが誤解されているという点を端緒として。
彼なりのプラトン論を繰り広げていくのですが。

現代(近代?)においてプラトンが軽視されている理由は。
完璧主義、絶対主義、理想主義、そして帝国主義に繋がるから。
まぁ・・・かなり乱暴に要約するとそういうことですね。

かつ、現実的でない、と。
プラトン?なにソレ?な人も「プラトニックラブ」という語を、
思い浮かべて頂けば、何となく察せられるかもしれません。

イデア、という言葉は聞いたことあるでしょうか?

個人的には、プラトンは・・・好きですね。
著作が純粋に、面白い読み物になってますものね。
まぁ、それじゃあ哲学として読んでることにならないのでしょうが。

「饗宴」「国家」がプラトンの最盛期の作品だと著者はおっしゃられ。
わ~。私が読んだことがあって、好きなのもこの2冊。

この本の中でも、第四章の「エロス、美、愛」のところが特に面白い。

全体的には、「普遍性」という言葉の意味を問うていると思います。

かつ、プラトンを見直そうの書、でもありながら。
ニーチェやヘーゲルやハイデガーやカントが絡んできます。
ここんとこが、ワクワクする部分でもありつつ。
全くの哲学初心者には、チンプンカンプンだろうなぁと感じます。

私、一応さらっとではありますが、主な哲学書は昔、読んだのです。
理解するどころじゃなく、雰囲気が頭に残ってる程度なのですけど。
まぁ・・・それでも、何とか著者が訴えたいことは朧にわかります。

そういえば。ニーチェさんはプラトンさんに厳しかった(笑)
それは、読み違いも多々ある、と竹田さんはおっしゃるわけです。

哲学をすべて、現代に置き換えて読むと間違いが発生しますよね。
そこんとこを丁寧に、竹田氏は読み解いていかれます。

いや。いいですね。これは、とてもいい本を読みました。
どんどん哲学を読みたい気分になるという効用だけをとっても名著。
明日にでも、プラトンの「饗宴」を読み返したくなりました。

著者のプラトン考が妥当かどうかは、私の貧しい哲学知識では、何とも。
異論もあって良いとは思います。ただ・・・この人の考え方は好きです。

私はどうも、哲学も「物語」として読んでしまうという弱点がありまして。
それゆえに、「読める」哲学と「読めない」哲学があり・・・
正しく理解できるという自信も、全くなく・・・・
 
あるいは理解しようという意識すら薄いがために、哲学を面白く読めるのかも。
ええ。カント以外は。カント以外は。わからなくても楽しい読み物です。

こう、脳内の世界が広がる感じがするんですよね、哲学を読むと。
何かが閃きそうで閃かないような、もどかしさも伴いますけれど。
(ええ、たぶん。私の脳には負担が大き過ぎるんでしょう)

こういうヘンテコ(単に思考力が乏しいだけかも)な
哲学ファンがいても、許されますよね・・・?

(2011.11.28)
引用されたカントの文章を噛砕いた、著者の文章のわかりやすさ!
いや・・・ここんとこ、感動すらおぼえました・・・。
(残念ながら到底、自力でカントの文章が読めそうにない私)
次は、著者の『カント入門』を読もうかなぁ。
あまり、周辺から読み進むのは、主義に反するのですが。
いつか、カントを読みとおそうという意志はまだかろうじて持ってます。


関連記事

こんにちは。

彩月さんがそろそろ哲学を取り上げてくださるのではないかと
心待ちにしておりました。
プラトン、私も好きです。
わかるの?と聞かれれば「さてねえ?」と答えるしかないのですが
面白いんですね。

「脳内の世界が広がる感じがするんですよね、哲学を読むと。」

本当にそうですね。日常的なことからちょっと違う視点で考え始めると
この小さな灰色の脳みそもわずかでも成長する気がします^^;

ニーチェは最近、新しい切り口で読みやすい本が出たりして
ファンも増えましたね。
哲学者の人生を追っていくとすごく面白いですね。
竹田青嗣氏の本は読みやすいですね。「現象学入門」も面白かったです。
「プラトン入門」も読んでみよう♪

哲学って、難しいのだけれども、少しずつ読んでいるうちに
昔から人は「いかに生きるか」を考えずにはいられない存在なのだなあと、
人間というものが愛おしくなります。

ぜひまた、ご紹介ください。カントも^^
2011.11.30 09:15 | URL | ハル #JyN/eAqk [edit]
お待たせしました(^^♪

プラトン、いいですよね!
哲学者って、何だか憎めない変人(笑)が多い気がします。

竹田青嗣氏、私は、お初だったのですが。
文章がすっきりしていて気持ちいいですね。

では私も、「現象学入門」を読んでみます(^_-)-☆
ヘーゲルさんも、なかなか好きなのです。

よくわからない上に。
わかったからと言って役に立つわけでもない「哲学」。
だけど。何だか。不思議な心の満たされ方をするんです。

少しずつ。読んでいきたいな、と思います。
あまり、読者さんのお役に立てない感想になっちゃいそうですが。
また、どうぞお付き合い下さいませ。
2011.11.30 20:51 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1291-b659c40c

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • プラトン入門  竹田青嗣
  • 2011年11月29日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***