Loading…

心の整骨  015 creative

Posted by 彩月氷香 on 17.2011 creative   0 comments   0 trackback
最後にライターとして、同じライターである若い人たちに言いたいことがある。映像っていうのは集団芸術で、俺たちはその第一陣を任されるわけだけど、その後に色んな人間が、夫々の才能を持ち寄るわけだ。その中には良い才能も悪い才能も加わるだろう。だから自分の思い通りにはならない。

それに只腹立てても仕様がないンだな。

だからね。

自分としての「完全」を勝ちとる為には、90の「完全」を見せたいならば120のシナリオを書けば良い。
100の「完全」を見せたいならば150のシナリオを書けば良い。そうすればたとえスタッフやキャストが多少中身をねじ曲げようとも100の作品になってくれるよ。

けんかしてもそこで終わるだけだからね。
これが、けんかで一度世をしくじった俺の君たちへの贈る言葉だよ。
腹が立ったらその怒りをね、内に溜め込んでバネにすることだよ。

                 倉本 聰 「獨白」


先日、ご紹介した本の中の、最後の一節。
私、ここを読んで、唸ってしまいました・・・。

私は、倉本さんが語りかけている「若いライター」でも何でもないので。
ここに書かれていることが参考になるとか、励みになるってこともないですが。

それでも。いいなぁ。格好いいなぁ・・・と。

自分一人で作り上げることが出来ない芸術の心構え。厳しいなぁ。
うん。ドラマに限らず、他の芸術にでもあることだし。
芸術に限らずとも、こういうことって、何かしら、ある。

一人で完成しないものの・・・じれったさ、限界。苛立ち。

「腹が立ったら、その怒りを内に溜め込んでバネにする」・・・か。
簡単には出来そうにないけれど、この言葉は心に留めておきたいです。

この文章の中の「悪い才能」っていうのがね、面白いよね。
なかなか、含みのある言葉です。上手い表現だな。

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1317-a54a7cfd

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 心の整骨  015 creative
  • 2011年12月17日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***