Loading…
 

掌の小説  川端康成

4101001057
新潮文庫
Amazon

毎日、ちびりちびりと読みました。

昔から何でも一気に読みきる性分な私も。
この本は、少しずつ齧るように味わいたくて・・・

どこへ辿りつくでもない、儚くも、くっきりとした夢の足跡。
怖さも哀しさも苦さも醜さも、不思議と透きとおっている。

静かに眠るように氷った、小さな街を掌に載せて眺めるような。
しかし、耳を近付けると、魂を凍らせるような嵐の音がする。
目を凝らすと、背後の森の闇に吸い込まれそうになる。

時々、可愛い小鳥が飛んで、ふっと気持ちが和みます。

光さえ細く銀の糸のように煌めく、凝縮された蒼い世界。
精緻に紡がれた言葉が、あまりにも贅沢で溜息が零れます。

(2012.1.30)
短い小説が百篇以上、収められています。
川端康成の才能に圧倒されるような、言葉の芸術の宝庫。
あくまでも繊細で緻密で、しかし生々しい、描写。
体温や吐息を濃厚に伝えながら、決して濁らない世界観。

私は川端康成の、あまりいい読者ではなくて。
好きな作品と言ったら「山の音」一作きりなのです。
(あの作品は、ほんとうに素晴らしいと思います)
しかし。改めて他の作品も読みなおしてみたくなりますね・・・

川端康成という、崇高なまでに美を追求した文学者に、
新たに出会い直したい気持ちを呼び起こしてくれた一冊。


関連記事

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.05 22:07 | | # [edit]
今回も笑えるネーミング、ありがとうございます(笑)
思うに川端康成を読んだ時、若過ぎたのだろうと・・・
中学生にわかるのは・・・チョット無理ですよねぇ。
(「山の音」は大人になってから読んだので)
たぶん、今読めば違うような気がします。

危惧しているコトに関しては、ひとこと。「ご炯眼!」
2012.02.06 08:10 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]
ごぶさたでーす。
ショートショートに凝っていた若き頃、この本も読みましたよー。
中味はすっかり忘れてしまいましたが。。。。

私も、これは、ゆっくりゆっくりと読んでゆきましたよ、じっくり味わえるようにね。

いつもながら彩月さんの繊細で美しい文章、好きですよ。
うっとりと文章を眺めてしまいました(ホント)
どの文でも帯にできそう!

何となく感覚として残っているのは、文章の美しさでしょうか。
川端康成もずーーーーっと読んでないなあ。川端作品だけでなく、ちょっと昔の日本文学からもすっかりご無沙汰しております。

日本語の美しさを知るためには再読しようかな。
でも、読みたい本が満載、仕事が満載、テニスが満載、子育てが満載、、、、時間がないよーーーー
2012.02.06 18:44 | URL | 速読おやじ #JyN/eAqk [edit]
確かに。これはショートショートですよね!

日本文学って、気軽にすっと読めるものではないですが。
たまに読むと、しみじみと自分も日本人だなぁと・・・
当たり前のことを想ったりして。

速読おやじ様の優しいお褒めの言葉に癒されました。
忙しくはないんですけどねぇ。なんか疲れているのですよ。

忙しさを積極的に楽しんでらっしゃる様子。ちょっと羨ましい。
でも、きっと速読おやじ様は頑張り屋さんだと思いますので。
たまには、ぼーっとしたりして、心と体を休めてくださいね。

趣味も気合いを入れ過ぎると義務になっちゃいますから。
(それ、私自身のことでもありますが^_^;)
2012.02.07 09:38 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1336-e2e8486b

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 掌の小説  川端康成
  • 2012年02月05日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***