Loading…

すごい本屋  井原万見子

Posted by 彩月氷香 on 10.2012 未分類   4 comments   0 trackback
4022504056
朝日新聞出版
Amazon

「イハラ・ハートショップ」という一風変わった本屋さんの奮闘記。

「すごい!」ってナニが?と、ややシラケ加減で読み始めた私。
読み進むほどに心が熱くなってきました。すごい。ほんとにすごい。
和歌山の山の中に、こんな活気と発信力のある本屋さんがあるって!

林明子さんの「こんとあき」のエスキース(下絵)展を皮切りに、
「ねずみくんのチョッキ」の原画展、「かいけつゾロリ」の原画展、
今森光彦さんのおはなし会、都築響一さんトークイベント・・・。

都会の大書店なら珍しくないでしょうが。2000人余の人口の町。
本屋があるのすら不思議と言われる、不便な場所。
ご本人も、こんな本屋笑われるのじゃないかしらと気にしながら、
それでも、町の子供も大人も喜ばせたいと奔走する。

まずやりたい!と思って彼女は動く。
足りないものは走り回って探す。
とにかく、自分の思いを語る。広く。熱く。
そして聞いてくれる人との関係を大切に育てる。

この人の熱意は人の心を動かす。応援しよう、ときっと思う。
何より彼女は自分のために動いていない。町の人を喜ばせたい、
山の奥でも本と出会う幸せを知って欲しい、その一念。

本を愛し、本を愛する人を愛し。
この気持ちが出版界の人間に届かなかったら、ナンとする?
そう思えてしまう。そして読んでるだけで目頭があつくなる。

「~がないからできない」
「~だから無理」

日頃私たちは、どれだけ無意識に多くのことを諦めているだろう。
声を出すこともなく、人に知らせる努力もせずに。
誰も耳を傾けてくれるわけがないと決めつけて。

イハラさんは「こんな山奥だからムリ」で終わることを良しとせず。
自分の思いを伝え、率直に助けを請い、提案し、実行する。
そして喜んでくれた町の人々の声を、その喜びを届けてくれた人へと、
贈り返すことを怠らない。そこに喜びが循環する。

こんなに人を喜ばせたいという気持ちをストレートに持ち、
それを難しく考えることなく行動に変えることが出来る人、そうはいない。

有名な書店コンサルタントの青田氏が訪れた時、
「このお店のロングセラーはなんですか?」と問われて、
「ちゃいなマーブルというあめ玉です」ときっぱり答えた井原さん。

「たたかう書店」という著作で知られる青田氏に対して萎縮気味で
「当店にはたたかう相手がない、たたかう相手は弱気になった自分だけ」
・・・と、ひっそりと心につぶやいていたのだけれど。

その青田さんが色紙にこう書き残した。
「見つけたり書店の勇気ここにあり」

(2012.2.10)
本が好き、本屋さんが好きな人は、大興奮間違いなし、の本。
本っていいなぁ。と改めて、素直に心から思えます。

関連記事

あ!この本読みました^^そしてHPにはまだ感想書いてないけど、面白かったので以前、井原さんのブログに思わずコメントを書いてしまいました(笑)自分もタイトルとは裏腹にやや疑心暗鬼に読み進めていったんですが、次第にイハラ・ハートショップのなにがそんなにすごい本屋なのかが次第にわかってきました。

大型書店(大型書店でも厳しい時代だけど)しかほとんど本屋さんとしては生き残れてはいないなかでこんな本屋があると思うと、全然身近にある本屋さんじゃないけど、読みながらなんか嬉しくてしょうがないっていう気持ちでいっぱいになりました。

本を読み終わって面白かったので思わず井原さんのブログに行ったら、これまたちょうどその時読んでいた、幅允孝さんの「幅書店の88冊」イベントをされてたんでビックリしました(笑)

本を読んでいると、たまになんかこういう不思議な接点がある時ありますよね♪
2012.03.11 00:06 | URL | だいすけ #JyN/eAqk [edit]
井原さんのブログ! それは私も早速、訪問してみなくちゃ。
だいすけ様も読んでおられるんじゃないかと思いましたけど。
ブログにコメントを書かれたとは・・・一歩先に進んでますね(笑)

ほんとにねぇ。ひたすら、嬉しくなる本ですよね。
書店が消えて行くと言われる現代にも、きっと生き残りの道はある、と。

「幅書店の88冊」も読みたいなぁ・・・教えて下さってありがとう。
2012.03.12 08:31 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.03.12 09:04 | | # [edit]
おススメ本、ありがとうございます。
どちらも図書館に在庫がありました。
今、予約枠を使い切ってるので借りられませんが。
また、いつか読んでみますね~。
2012.03.14 08:01 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1417-82a09704

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • すごい本屋  井原万見子
  • 2012年03月10日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***