FC2ブログ
Loading…
 

002 少女たちの履歴書 14人の画家

当ブログのお部屋に飾られている絵の、簡単な紹介です。
(額の中の絵は、8秒単位でスライドする設定になっています)

この小さな額に、自分の好きな絵を収めることは私の楽しみの一つ。
1シリーズ14枚というルールを定めてチョイスし、気分によって変えています。

ただいま展示中の14枚は、以下のとおり。
今回は画家のプロフィールをざっと、まとめてみました。

girl-1.jpg フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
 1632-1675 | オランダ | オランダ絵画黄金期

 調和のとれた明瞭な色調
 簡素かつ静謐でありながら綿密に計算された空間構成
 光の反射を明るい絵具の点で表現(ポワンティエ)
 ラピスラズリを原料とするウルトラマリンブルーを多用
 真作とされる総作品数は33~36点と寡作の画家


girl-2.jpg グイド・レーニ「薔薇を持つ少女」
 1575-1642 | イタリア | バロック・ボローニャ派

 考え抜かれた構図、優雅な人物表現、柔和な色彩
 生前から「ラファエロの再来」と呼ばれ
 ゲーテによって「神のごとき天才」と激賞される
 古典主義的絵画の人気が下落した20世紀以降、評価も下落
 近年アカデミスム絵画と共に再評価されるようになった


girl_3.jpg コロー「真珠の女」
 1796-1875 | フランス | 写実主義・バルビゾン派

 銀灰色の靄に包まれたような独特の色調の風景画を描く
 繊細な写実性の中に抒情性を感じさせる風景表現は
 絶大な人気を博し、印象派の画家たちに多大な影響を与えた
 風景画が主だが、人物画や神話も優れた作品を残している


girl-4.jpg ルノアール「イレーヌ・カーン・ダンヴェルス嬢の肖像」
 1841-1919 | フランス | 印象派

 印象派の中でも名が知られ、人気のある巨匠
 時に女性的と直喩される流動的かつ奔放な筆勢
 明瞭で多様な色彩、豊潤で官能的な裸婦の表現
 揺らめく木漏れ日による人物や風景への効果など
 特徴的な表現で数多くの作品を制作


girlred.jpg エンネル「Study of A Woman In Red」
 1829-1905 | フランス |アカデミズム 

 アカデミズムの最後の大物画家の一人
 ローマ大賞、レジオン・ドヌール勲章を授与され
 お抱え画家として名声を欲しいままにする
 歴史的テーマの扱い方や荒々しい大胆な筆跡など
 アカデミズムらしからぬ近代的な要素を含んでいる


anker1301.jpg アルベルト・アンカー
 1831-1910 | スイス | 印象派

 写実主義や印象派が台頭する時代をパリで過ごす
 フランドル絵画のような落着いた色彩で日常風俗を描く
 30年間パリに住んでいたにも関わらずパリの絵は一枚もなく
 題材にしたのは故郷アネの村人 市井の人々が主である
 スイスの国民的画家だが 日本ではあまり知られていない


girl7.jpg ミレイ「アリス・グレイの肖像」
 1829-1896 | イギリス | ラファエル前派

 ラファエル前派の創始者
 歴史的・文学的主題を明るい色調と細密な手法で描く
 ハムレットを題材に制作した『オフィーリア』が有名
 (夏目漱石の『草枕』にこの絵に言及した箇所がある)


girl8.jpg ハラモフ・アレクセイビッチ『Contemplation』
 1840~1925 | ロシア | アカデミズム
 
 農奴生まれのロシア画家
 ペテルブルク帝国アカデミーで学ぶ
 名声を得て ロシアの著名人の肖像を数多く手がける
 甘美で可憐な少女たちの絵を好んで描いた


girl9.jpg ブグロー『Head Of A Young Girl』
 1825-1905 | フランス | アカデミズム

 アカデミズム絵画を代表する画家
 神話や天使、少女を題材とした絵画を数多く描いた
 甘美で耽美的な画風で 生前は高い人気と地位を得る
 モダニズムの台頭とともに忘れ去られた存在となるが
 20世紀末になって再評価されるようになる


girl-10.jpg ソフィ・アンダーソン「キジバト」
 1823-1903 | フランス・パリ | ラファエル前派

 フランス人の父とイギリス人の母の間に生まれる
 フランス2月革命の際、一家はアメリカに亡命
 その後イギリス→アメリカ→再びイギリスと移住
 田園風景を背景にした子供と女性の絵を専門とした


girla.jpg ミレー「犬を抱いた少女」
 1814-1875 | フランス | バルビゾン派

 写実主義の農民画家
 代表作のひとつである『種まく人』は
 岩波書店のシンボルマークに採用されている
 晩年には印象派に近いパステルや水彩画も制作した


americangirl.jpg フィッシャー「HER EYES WERE MADE TO WORSHIP」
 1877-1934 | アメリカ | イラスト

 魅力的な女性を描き人気を得たイラストレーター
 「千人の少女たちの父」の異名で知られる
 長年雑誌「コスモポリタン」の表紙を飾る
 本の挿絵なども手がけている


girlb.jpg ジョージ・ロムニー「麦わら帽のハミルトン夫人」
 1734-1802 | イギリス | 肖像画家

 ロンドンで肖像画家として成功を収める
 ジョシュア・レノルズとの長きに渡る確執も有名
 総長をジョシュア・レノルズが務めていたために
 生涯ロイヤル・アカデミーの展覧会に出品しなかった


girlbbb.jpg フランク・カドガン・クーパー「虚栄」
 1877-1958 | イギリス | ラファエル前派

 ノーサンプトンシャー生まれ
 1897年ロイヤル・アカデミー美術学校に入学
 (当時の会長はジョン・エヴァレット・ミレイ)
 ラファエル前派最後の継承者とみなされている



これは一番最初に作った絵のシリーズ。
元々このテンプレートには少女の写真と絵が4枚入っていました。

製作者の「好きな絵に変えて楽しんで下さい」という粋な計らいに乗じ、
せっせと絵を集めては入れ替え、どんどん増やし・・・気付くと14枚。

5枚目だけが最初から収録されていた絵。おかげで画家が不明。
名画紹介サイトを放浪した末、海外サイトにて、やっと判明した次第。
で、これは・・・少女でなく女性だということが、タイトルから明らかに。

この部屋の背景と似合うドレスを着ていて、気に入ってるので。
ま、「少女っぽい女性」だということでシリーズに加えておきます。

少女を描いた名画なら、腐る程ありそうなものですが。
この部屋の雰囲気に合い、かつ全体像でなくバストトップの絵。
さらに横長でなく縦長・・・と限定すると意外と難しい。

13番目の絵は「夫人」ではありますが。
モデルの「エマ」はまだこの時、少女と言えるほど若かった筈。
(その美しさの虜になったロムニーは彼女の絵を60作以上も描きました)

『犬を抱いた少女』を見つけた時は少し驚きました。
ミレーといえば『種まく人』『晩鐘』『落ち穂拾い』。
農民の絵のスペシャリスト(?)というイメージがあります。

実際、彼が子供を描いたのは10作ほどしかないそうです。
こんな愛らしい、観るだけで笑みがこぼれるような絵も描いたのですね。

皆様は、どの少女がお好きでしょうか?

画家の略歴などを付けてみましたが。私、絵画の専門家ではないので。
不適切な表現がありましたら、申し訳ございません。
ご教示願えれば、訂正いたします。よろしくお願い致します。

ちなみに私の大好きな「サルヴァスタイル美術館」には
大変お世話になりました・・・絵画が好きな人にお勧めのサイトです。

あ。アルベルト・アンカーの絵のタイトルは不明です。
どうしても見つけられず・・・ご存知な方があれば教えてください。

しかし。これを見てると私はアカデミズムとラファエル前派が好き?
あまり意識したことがなかったけれど・・・というよりも。
少女の絵を好んで描く画家が、これらの様式に多かったってことかな。

なるべくバラエティに富んだ少女像を集めたいと思って。
アメリカのイラストレーターも一人、含めています。
時代も偏ってる気はしますが。古くなると宗教画になってしまうので。

少年バージョンも作りたいのですが。
絵を集めるのが少女以上に大変なので・・・無理かも。


関連記事

個人的には、フェルメールの絵のなかでもこの作品が一番好きです。
色の使い方が、好きだからなのかわかりませんが。
ウルトラマリンブルーって、たしか、紫が少し入っているんですよね。

サルヴァスタイル美術館いいですね。
2012.04.23 02:48 | URL | kappamama #JyN/eAqk [edit]
私がこの中で一番好きなのも「真珠の耳飾りの少女」。
まぁ実物を観ているのが、この一枚のみなのですが。

ウルトラマリンブルーは青金石(ラピスラズリ)から作ります。
高価な顔料ですよね。ええ。紫系と緑系があるらしいです。
・・・って、今調べて知りました(笑)

サルヴァスタイル美術館、絵画の充実度が高い上に、
きれいに整理整頓されてて、ホント感心してしまいます。
2012.04.23 08:05 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1419-7ea9bc53

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 002 少女たちの履歴書 14人の画家
  • 2012年04月23日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***