Loading…
 

つぶやき集 2012年5月(6) 

私が激昂するのは。いわれない非難を浴びたときはもちろんだけれど。何より自分の大嫌いなものに似ていると言われた時だろうと思う。そんなことはない、と言い切れないのではと疑い出すと血が逆流する。残念ながら毛嫌いするものほど自分から遠くはない・・・そのことに気付いているからこその怒り。

真摯に受け止めるべきものと、そうでないものがある。衝撃の度合いに幻惑されないようにしなくては。真実はそんな派手な足音を鳴らして、こちらにぶつかってくるものではない。

自己愛が強いという自覚はある。というよりも。自分を大嫌いになることがあまりにも容易過ぎるので。それに反抗しているだけかもしれない。自分を嫌う自分に負けたくないという、おかしな負けず嫌い。

自分嫌いの気運が高まるのは、何がきっかけかはよくわからない。朝起きたら「自分」に耐えられなかった、ということもある。とりあえず。今日は嘘っこでも働き者になろう。お洗濯日和なので。まずは大嫌いなお洗濯に励む。いいのか悪いのか微妙な空気には染まらないように。

質問されて答えることは、簡単ではない。自分の中に明確な答えがなかったり。あっても上手く言葉にならなかったり。一方で問う人の言葉が呼び覚ましてくれるものもある。自分で自分に問いかけることは、どうしても類型化する。新たな眼で自己を見つめるきっかけを与えてくれる「問い」は素敵な贈り物。

何だかんだ言っても。自分が好きな時、怖いものはない。自己嫌悪の海に溺れているようでも、溢れるばかりの自己愛という救命胴衣をちゃっかり着込んでいるオメデタイ人間。しかし今、「自分大嫌い病」を発症しかかっている。どこが嫌いか発見できれば治療できるのだが…いや病巣が広過ぎたら無理かも。

巨大でも・・・敵がわかっている時は。もがき苦しんでいても光明は見い出せる。漠然とした不安の方が、精神を追いつめる。もちろん「漠然」の裏には魑魅魍魎が跋扈しているのだけれど。それを直視できなくなっている。となると、立ち向かう気力も当然ない。そして敵はいないことにして日常を送る。

敵を無視してる自分に気付けているうちは、まだ良しとしよう。時期を見る、ということも戦略のうちだ。十分な装備もなしに攻め入るなんて自殺行為。

前に進む勇気を得るために。自分を追いつめたいのかもしれないな。忍耐力が強過ぎるゆえに「耐える」ことが、しばしば目的化してしまって。いつも動き出す時は、耐え続けた結果ボロボロになってからだった。我慢するのがエライわけではない。耐えたことは無駄にはならないけど、時機を見失うのは痛手。

「つぶやき集」の中から、夢に関するつぶやきだけを独立させました。
「夢のつぶやき」というカテゴリを作ってそこに、まとめてあります。

夢というのも、ある意味では潜在意識が紡ぐ作品かな、と思って。
出来はともかくとして。小さな物語のようなものですよね。

つぶやきでは書ききれない長編の夢は、いつか記事にする予定です。
(なんか「いつか書くもの」が溜まってる気がしますが・・・)

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1513-bafca1e4
私が激昂するのは。いわれない非難を浴びたときはもちろんだけれど。何より自分の大嫌いなものに似ていると言われた時だろうと思う。そんなことはない、と言い切れないのではと疑い...
2012.05.31 22:10 まとめwoネタ速neo

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 2012年5月(6) 
  • 2012年05月31日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***