Loading…

つぶやき集 2012年5月(8)

Posted by 彩月氷香 on 07.2012 つぶやき集   0 comments   1 trackback
気持ちに小さな空白。ぽっかり穴があいたような・・・というほどでもなく。ちっちゃな隙間。せっかくだから、ここに何か隠したいと思うような。

仲良く並んだ、小ちゃな疲労と絶望。注目すると嬉しげに調子に乗って成長するに決まってるから。今、無視しようと決めて、ヤツらの居座ってる方向から目を背けてる。ただ首を不自然に捻ってるせいで、一層疲れるみたいで。逆効果な気がして来た。思い切って目を合わせて話しかけてみようか?

ビミョウに疲れているらしくて。首を振るとカラカラ音が鳴りそうなほど、頭の中が空っぽ。だけど音をたてる物体(小さな塊)はあるわけだ。でも小さすぎて見つけられない。

小石が夜のうちに岩に成長した。心がずっしり重い。割れば中に宝物が入っている気もして。嫌なだけの重みではない。見渡しても鶴嘴は目に入らず、素手で割れそうもない。念じて割れるとも信じ難い。隕石が降ってきて運良く命中してくれないかと願う。割れない方が幸せだという予感をもて遊びつつ・・・

心にドーンと居座った岩。対決する気力をかき集めながら。周辺の小石だけでも片付けようと思い立つ。で。しんどいことは辞めちゃうのもアリかと思い。負担になっているブログを休業しようかと思案する。つまらなかったら辞めようと他人の目で読み返してみる。あれ、案外面白い。なんとも目出たい性格。

自惚れが酷いと思われそうだけど。単に過ぎたことは他人事に感じる性分で。自分の日記など読み返すと、いつも感心する。上手いこと書いてるなぁ、と。出来事も感じたことも、たいてい忘れている。よって新鮮だったりする。私にとって過去の自分は他人。そして、過去になるスピードは年々加速する。

ある意味、潔いくらい「今」を生きている人間なのかもしれない。「今を生きる」と言うと前向きな印象が強いけれど。それほど単純なものでもなくて。過去をズルズル引きずりながらも。それは過去を「今」に取り込んでいるということなのかもしれない。その時点で「過去」はすでに「過去」ではない。

充分すぎるくらい。ぶつぶつ言ってると思われそうだけれど。秘かにここのところ、失語症気味。言葉が近くにない感じがする。こういう時、気持ちは不思議と穏やかで。普段の私なら言葉を探す場面でも、何か違うものを見つけたいと願っている。静かな祈りのようなものは、身を包むように漂っている。

「ぞわぞわ」・・・今の心模様を敢えて言い表すならば。決して不吉なわけではない。どこか小さな苛立ちに似ていなくもないけれど。悪性とは言い切れない「芽」が潜んでいるのを感じる。どう育てるかはおまえ次第だよ、と暗に言われてるようで。そこに希望もあり、不安もあり・・・やはり心細い。

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1523-4595ef73
気持ちに小さな空白。ぽっかり穴があいたような・・・というほどでもなく。ちっちゃな隙間。せっかくだから、ここに何か隠したいと思うような。仲良く並んだ、小ちゃな疲労と絶望。...
2012.06.09 12:53 まとめwoネタ速neo

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 2012年5月(8)
  • 2012年06月07日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***