FC2ブログ
Loading…
 

自宅にて急逝   クリスチアナ・ブランド

4150004927
早川書房
Amazon

常日頃から、自分でも自分の好みが掴みにくいと感じてますが。
ミステリに限定すると、かなりハッキリしています。
いや。好きな理由をちゃんと説明できたりはしないのですが。

やたらめったら盲目的に好きになる作家が表れると、
共に心中しかねない勢いでのめり込む傾向が顕著でありまして。

そのスタートを飾るのはなんと言ってもアガサ・クリスティ。
一日に三冊ずつ読むくらいに熱中してしまい。
100冊を越える彼女の著作を一年もしないうちに読み尽くしました。
これが私にとって本格的なミステリデビューなのであります。

そのせいかイギリスの探偵もの、もしくは英国風味わいのある推理小説に
滅法甘いというのか、問答無用で依怙贔屓するというのか、
どうにも病気のような症状を発症して、治らぬまま現在に至ります。

そんな私にうってつけなミステリ作家の一人がクリスチアナ・ブロンド。
彼女の作品は読み尽くしたつもりでいたため、未読のものがあると知り、
舞い上がらんばかりの勢いで、手に取りました。

いいですねぇ・・・。これぞ私が求めているミステリ。
誰も彼もが怪しくて、でも誰も彼もが犯人であって欲しくない。
ウィットがこぼれ落ちるほどに満ち満ちていて、隅々まで美味しい。

ちょっとアクのある登場人物たちの人間模様を眺めてるだけで楽しくて。
犯人探しはついつい二の次になるのでした・・・しっかり騙された!

(2012.5.30)
正直、ミステリのトリックの出来不出来がよくわからないので(汗)。
単純に世界観というのか雰囲気というのか筋立てというのが、
自分にとって心地よいということが最重視されます。
そんな私のお気に入りミステリ作家を数人、挙げますと。
P・D・ジェイムズ、コリン・デクスター、ピーター・ラウゼイ、
レジナナルド・ヒル、ジル・マゴーン、ミネット・ウォルターズ、
ディック・フランシス・・・見事にイギリス作家ばかり。
あ。アメリカの作家ですが、マーサ・グライムズも大好き!
この方はイギリス狂で、作品がイギリスを舞台にしてるのです。
いや、アメリカのミステリも好きなものはあるのですが、
私はミステリというよりサスペンスと思って読んでます・・・ん?
違うか。アメリカのだとサスペンス調のミステリが好きなのか。
ま、どっちでもいいか。


関連記事

先月、クリスチアナ印を(再読も含め)堪能しました・・コックリル警部物。
「緑は危険」「ジェゼベルの死」「疑惑の霧」「はなれわざ」、
短編集二冊(内一冊は現在も、ちまちま読んでいる途中です)。
そして「自宅にて急逝」・・どれもすばらしい出来映えでした!
(もし、彩君の読まれたこの紹介本が図書館書庫のものであるなら、
次に借りて読んだのはおそらく自分でしょう・・であるなら親近感)。
ところで、彩君はシリーズ第一作の「切られた首」読まれましたか?
この本、わが町の図書館にはありませんな・・お隣の高槻で所蔵確認、残念。
当日向こうで借りて、館内で読了・・それは可能なのかな?

クリスティの一年で100冊越えは凄いですな・・自分は20作品くらいかな?
「葬儀を終えて」など、女史の傑作群にあってそう話題になる作では
ないのかも知れませんが、遅く読んだ(数年前)この一作、
自分は感心しました(これは女王に対し暴言か・・失礼)。
彩君選の『クリスティ・ベスト10』などの企画はいかが?
では、またおもしろい本について教えてください!
2012.06.17 20:25 | URL | nao #6gL8X1vM [edit]
そうでしたか!きっと同じ本を手にしている可能性大です。
「緑は危険」「ジェゼベルの死」「疑惑の霧」「はなれわざ」
・・・どれも、いいですよねぇ。

「切られた首」!読んでない!
コレクターズアイテム化して値段が高騰してるではないですか!
高槻ですか・・・書架にあれば借りなくても読めますね。
うー。古本屋で運良く見つかったりしないでしょうか・・・

クリスティを読んだ頃は若かったですから(笑)
現在なら絶対に不可能です。あの感動が蘇らないことが怖くて、
再読すら出来ずにいる、ヘタレです。

内容はすっかり忘れていますが、「葬儀を終えて」は
気に入った作品の側に記憶されていますよ。

『クリスティ・ベスト10』・・・面白そうですね。
その前に主要作品だけでも再読せねばなりませぬゆえ。
まぁ運が良ければ数年後に実現するかも(笑)

英国小説を読むとなぜか心が落ち着きます。
私は来年あたり「ひとり英国フェア」を開催しますか。
あ。でもロンドンオリンピックにちなんで今年の方がいいか。

今、心が揺れています・・・
2012.06.17 20:56 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1535-a368d0ba

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 自宅にて急逝   クリスチアナ・ブランド
  • 2012年06月17日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***