Loading…

つぶやき集 2012年6月(4)

Posted by 彩月氷香 on 07.2012 つぶやき集   2 comments   1 trackback
ふう。やっぱり強くなるしかないのか。と溜め息をつきながら、静かに闘志を燃やす朝。何だかんだいっても。打たれ強い自分が少しだけ可哀想。しょっちゅう落ち込んでるけど。立ち上がるたびに強くなる。正直、もういいだろうという気分。それでもきっと。ずっと。こうして繰り返すだろう。

強くなりたいとは思ったことがない。自分のことを負けず嫌いだとも思わない。むしろ弱くて何が悪い?と居直るくらい。それでも自分にとって大切なものを守り続けようとすると強くならざるを得ない。主義や信念などの概念でなく、ただ生のままの自分が大事。それを我儘と捉えられても、怯まずにいたい。

やっぱり。意識していなくても私は強いんだろうな。それを指摘されるのが辛かった。自覚することも。私の中の「強くある部分」が撥ね除けてしまうものがあることに気付かされるから。それでも仕方ない。変えられないもの、譲れないものはある。それを曲げたら私は私でなくなってしまう。

ただ静かに真っ直ぐ立っていられたらいいな。揺らがずに・・・というよりは風に揺られて枝を揺らしながら。葉っぱは季節ごとに生まれ変わりながら。幹だけは年輪を重ねて成長しながら。奇しくも若かりし頃、親友が私のことを根を引きずって歩く木に例えたことがあったっけ。見事な洞察力という他ない。

「芯が強い」とはそういえば昔からよく言われる。問題は自分自身にその芯が見えていないこと。ヒトに指摘されるたびに首を傾げていた。今頃になってやっとわかってきたけれど。芯を取り巻くものが綿のようなフワフワしたものだから。やっぱり芯を見失ってヨタヨタ行動している時間がかなり長い。

わかり合えると思うほど感性が似ている人の方が時に無神経になる。それは自分もそうだ。「理解してもらえる」という甘えが出るのだ。自分は自分、他人は他人、ということを忘れずにいられる人の方が、思いやりが深い。我儘というのとは違って「自分」を大切にしている人の方が真の優しさを持っている。

まぁ。でも。結果がどう出ても。発端となった「善意」を素直に受け取って。ただ有り難いと思える自分でいたい。常にそうであると言うと、いい人ぶりっこなのであって。ダメな時もある。そんな自分を責めるより。何故なのかを分析して、今後の自分のために役立てた方がいい。我ながらしぶとい性格。

「わからない」のは恥ずかしいことじゃなくて。「わかったつもり」の方が恥ずかしい。かつ、人を傷つける。「わかるよ」っていうのは安易に口にしちゃダメだ。いや私も相当、反省すべき点だけど。「わからないけど」とか「自分は違うけど」と言える人の方が実はよくわかってる。


関連記事

わかる、わからない、にとても興味があります。

私は父の勤務の関係でアメリカで数年間過ごしました。なので、ときどきアメリカの話を向けられます。でも、ある州のある町にしばらく住んだだけです。友達も多くなかった。そんな私がアメリカについて話すなんて。

話に乗らないので、無愛想な人と思われています。

アメリカのこと以外でも、とても話しにくいのです。大根がずっと嫌いだったのですが、農家で畑からとったばかりの大根を食べて美味しいと思いました。なので、嫌いというのは本当のおいしさを経験していないからと思いました。

今でも大根が好きか嫌いかは、食べてみないとわかりません。大根の状態や私の体調のこともありますし。
ほかのことでも同じです。一般論が苦手です。音楽の話でも、やっぱり会場の状態や、私の体調、それを全部話して、何番目の曲の時にこんな感じだったというのは言えますが。その歌手や曲が好きかどうかは自信がありません。別の時に聴けば多分違うでしょう。

話が違ってたら、ごめんなさい。
2012.07.07 20:18 | URL | 夏の日の中庭 #- [edit]
夏の日の中庭さまは自分の気持ちに素直に行動できる方なのですね。
私も本音の部分は同様に感じますが、接客業の経験を積んだせいか、
割と器用に相手の求める答えを口にして凌いでしまうこともあります。

大根の話は、何だか共感をおぼえます。
味覚も感動も「一期一会」な部分がありますよね。
美味しいと思ったものを二度目には美味しく思えないことも。
音楽も。私にとっても、実はちょっと難しい存在です。

刹那の感覚に鋭敏かつ正直過ぎると世の中では「我儘」「気侭」
というレッテルを貼られやすいかもしれません。
継続することだけが尊いわけでなく、一瞬に宿るものも
美しくかけがえないものだと思うのですけれど・・・

「一般論」は他者と安心して関わり合うための記号かな?
私はズルイところがあるので、適当に利用しています。
でも。話に乗らずに「無愛想」と思われていることも多いです。

「わからなくてもいい」くらいの気持ちでいたいのです。
投げやりなわけではなくて。自分が絶対なわけでもなくて。
大切なことに関しては心の中で譲らずにいる、という感じです。
そして。相手の同様の気持ちも尊重するということ。

たぶん。それを「冷たい」という人もいるのでしょうけれども・・・
2012.07.07 20:57 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1548-5b98106b
ふう。やっぱり強くなるしかないのか。と溜め息をつきながら、静かに闘志を燃やす朝。何だかんだいっても。打たれ強い自分が少しだけ可哀想。しょっちゅう落ち込んでるけど。立ち上...
2012.07.07 19:34 まとめwoネタ速neo

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 2012年6月(4)
  • 2012年07月07日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***