FC2ブログ
Loading…
 

ロンドンオリンピック開幕。さて夏の最中に読む本は・・・

さてさて。オリンピックが開幕しましたね。
スポーツはからっきしな私、しかし観る方は結構好きでして。
寝不足の夏に拍車がかかりそう・・・もはや読書どころではない!?

今月は予告どおり、イギリス関連本をボチボチと読んでます。
感想がブログ上に登場するのは、だいぶ先になりそうですので、
オリンピックにちなみイギリスの本を読もうという物好きな方の為、
とりあえずリストアップだけしてみました。

たいした問題じゃないが―イギリス・コラム傑作選 (岩波文庫)
行方 昭夫
4003720113

ベイツ教授の受難
デイヴィッド ロッジ David Lodge
4560080550

イギリス文学探訪 (NHKライブラリー)
小池 滋
4140842083

諷刺画で読む十八世紀イギリス ホガースとその時代 (朝日選書)
小林章夫 齊藤貴子
4022599847

アンジェラの灰 新潮クレスト・ブックス
フランク マコート Frank McCourt
410590003X

壜の中の手記 晶文社ミステリ
ジェラルド カーシュ Gerald Kersh
4794927320

警視の孤独 (講談社文庫)
デボラ・クロンビー 西田 佳子
4062765802

ヘンリ・ライクロフトの私記 (岩波文庫)
ギッシング 平井 正穂
400322471X

おれの墓で踊れ
エイダン チェンバーズ Aidan Chambers
4198607818

チャリング・クロス街84番地―書物を愛する人のための本 (中公文庫)
ヘレーン・ハンフ
4122011639


書物の性格上、サクサク読める感じでなく冊数は抑えめ。
この中で特におススメといえば、「おれの墓で踊れ」ですね。
まだ下半期に入ったばかりですが、今年の読書ベスト10入りは確実。

ただ・・・特にイギリスっぽいことは無いです。
作者がイギリス人で舞台がイギリスですけど、英国風味が強くはない。
ん?そうでもないかな。うん。やはり英国の雰囲気です。
キーワードは、学校、先生、墓地、海辺。ね。英国っぽいでしょう。

他にはやはり、「ヘンリ・ライクロフトの私記」。
これぞ理想の老後、理想の隠遁生活・・・憧れます。

「壜の中の手記」はちょっとした怪談風の奇妙な短篇集。
「たいした問題じゃないが」はイギリスの秀逸なコラム集。
「イギリス文学探訪」も軽い読み物ですが、この手のものでは出色。
「アンジェラの灰」はアイルランドの貧しい少年の話。
「チャリング・クロス街84番地」は書物を愛する人、必読!

今月中にあと5冊読みたいなぁと無茶なことを考えていますが。
ま、無理でしょうねぇ・・・


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1569-3e51bfb7

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • ロンドンオリンピック開幕。さて夏の最中に読む本は・・・
  • 2012年07月28日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***