Loading…

チャリング・クロス街84番地  ヘレーン・ハンフ

Posted by 彩月氷香 on 19.2012 未分類   0 comments   0 trackback
4122011639
中公文庫
Amazon

NYに住む本好きの女性と、ロンドンの古書店の店主の交流。
二人は会うことのないまま、二十年も手紙をやりとりする。

ヘレーンは、テレビの台本を書くことで生計を立てている女性。
辛口のユーモアと朗らかさ、きっぷの良さが文面から伺える。

フランクはイギリス人らしい、一見堅物風の紳士だが、
礼儀を常に崩さぬながら、茶目っ気を秘めているのが見て取れる。

基本的に、ヘレーンが本を注文(なかなか我儘な依頼である)し、
フランクが可能な限りそれに応える・・・という流れ。

ヘレーンは物資の不足しているイギリスへと、
せっせと本代に添えて卵や缶詰やストッキングを送り、
それを受け取ったフランクや社員たちは、お礼状を書く。

書き手の個性がよく表れた手紙ばかりで、微笑ましい。
なんとも心が温まる。知的な遊び心にも満ちている。

双方の手紙から、生活ぶりや家族のことまで見えてくるし、
書物の魅力も、こぼれ落ちるほどに溢れている。

こんな素敵な書簡集、読んだことない!

(2012.7.26)
副題は「書物を愛する人のための本」となっています。
ヘレーンは英国崇拝家(アングロ・ファイル)なのですよね。
よって、英文学の名作が次々と手紙に登場します。
彼女の好みが極めてキッパリとしているのも気持ちよいです。
登場する本が重々しくも美しいのが羨ましくてなりません。
私も実はどっしりとした装丁の本が好きなのです・・・
マーク社のように状態の良い古本を探して送ってくれる古書店が
あったらいいのになぁ・・・しかもお手頃価格だなんて。
手紙魔なのでヘレーンに負けず手紙を書いちゃいます(笑)


関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1614-05a3c620

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • チャリング・クロス街84番地  ヘレーン・ハンフ
  • 2012年08月19日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***