Loading…

つぶやき集 2012年8月(1)

Posted by 彩月氷香 on 12.2012 つぶやき集   2 comments   0 trackback
沖仁という人を私は知らなかった。必要に駆られて(モニターのため)録画した番組を観ながら「なぜ日本人がフラメンコギター?」と思っていた。フラメンコのルーツも、アグヘータという有名な歌い手の一族のことも初めて知った。全身から振り絞るような歌声、心の叫びというのは怖いほどだった。

流れる血の違いを越えて、カンテ(フラメンコの歌い手)に認められるギターが弾きたい、と。会いに行くアグヘータの一族に彼ならずとも観ているだけで圧倒されて。そうか、ああいう生き方もあるのかと・・・遠過ぎるのに心が揺さぶられる。上手いだけでは駄目なのは当たり前だけど、それ以上の何か。

沖さんもだけれど。自らの中に「魂の呼び声」を持っている人が心底、羨ましい。おそらく、それを背負って生きられるほど、私は強くないけれど。才能よりも、美貌よりも、富よりも。ずっと私が欲しかったものは、それなのだと思って。それを感傷だと笑い飛ばそうとする自分に、涙が出て来た・・・

ルーツと呼べるものを持っている人が羨ましい。そんな呑気な憧れが吹き飛ばされるような、血を吐くような思いに支えられている、強く太い根を張ったものが「ルーツ」なのだろう。望んで得られるものではない。持つ人にとっては呪いでもあるだろう。それでも、その根が育むものの輝きに魅了される。

技術や洗練では立ち向かえないものに触れると、激しく心が揺さぶられる。すっかり途絶えたわけではなく、自分の根っこにも何か原始的な衝動は残っているのだろうと思う。登場する機会も活躍する場面もなく、眠り続けているだけで。きっと、それが起き出して来ても私の手には負えないに違いないけれど。

自分にはないものを持つ人を。単純に羨むというよりは。そのような人が存在しえる世界を嬉しいと思える。ほんの少し、負け惜しみも混じるけれど。希望は自分の中にだけあるものではない。誰かに託すことができることも幸せなのだ。それは決して他人任せということではなくて・・・

こちらで、沖仁さんのギターが聴けます。
http://www.youtube.com/watch?v=RLXTSGTHwpg

こちらは、沖さんが会いに行った「怪物」と呼ばれる歌い手、
マヌエル・アグヘータの歌(若かりし頃ですが)
http://www.youtube.com/watch?v=PiBfBcMbuE4&feature=related

以上、参考までに。

関連記事

 わたしも、この沖氏が取り上げられている「情〇大陸」を見たことがあります。
スペインでも認めている弾き手みたいですね。
 同番組のなかで、フラメンコがスペイン人の生活のなかに根付いているようすがわかる場面が何箇所かありました。
 
 とくに、通りすがりの一般人の歌がプロ並みで、当たり前のように路上でセッションを始めていた様子に驚きました。
 この沖氏も道端で止められて、「歌うから、お前弾け」的な感じで通りすがりのおっさんにセッションさせられていました。また、このおっさんの歌が鳥肌ものだったのが印象的でした。
凄い国です。スペイン

 

2012.08.14 01:04 | URL | Kappamama #- [edit]
スペインに住んで修行なさったのですよね。

そうそう。音楽が体に染み込んでいる感じで。
ちょっと怖いくらいの迫力なんです。
ああいう暮らしもあるのだなぁ・・・と。

一見、とても控えめで、もの静かな沖さんの、
秘めた情熱というものにも心を打たれました。
2012.08.14 19:49 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1629-a1bf5801

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 2012年8月(1)
  • 2012年08月12日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***