Loading…

本屋の窓からのぞいた京都

Posted by 彩月氷香 on 01.2012 未分類   4 comments   0 trackback
483993455X

毎日コミュニケーションズ
Amazon

レイアウトの美しい本ですね。目に心地よいです。
写真と文字の配分、配置が良く考えてあると思います。

「恵文社一乗寺店の京都案内」と副題にあるとおりの内容で、
恵文社の周辺のお店などが、丁寧に紹介されています。

最初の数ページのみであるのが非常に残念ですが、
こちらの書店にゆかりのある本のエピソードも並びます。

ひと味違う京都観光をしたい方にも、おススメ出来ますが、
実際に京都をちょくちょく訪れている私の視点から言えば、
あくまでも恵文社さん流のセレクトであると思います。
(良くも悪くも独特の偏りがあります)

クリエイター、アーチストに限らず、飲食店も含めて幅広く、
「物作り」を応援する気持ちが伝わって来るのは好印象。
・・・それは実際の店舗にも漂っているものですね。

以下、恵文社一乗寺店のリアル店舗に関する私の感想となります。
独善的な意見ですので、ご不快を感じる方もあるかもしれません。


ただ。敢えて言わせて頂くと。
恵文社さんの店作りは、私の好みからはハズレています。

店内が「乙女チック」過ぎる印象があるのですよね。
本を「魅せる」ということにこだわっておられるのは素敵ですが、
私の考える「心地よさ」とは異なるのです。

なんだかんだ言って、私は本が好きすぎるので、
もっとがっつり「本、本、本!」とストレートなのが性に合います。
独特の「ふんわり感」が、本には必要ないように思えるのです。

独自のセレクト、並べ方、そして店内の雰囲気づくり。
和める空間と共に本との出会いを演出、という感じが・・・うーん。
全般に甘ったるい感じがするのですね。ちょっとベタつく。

置かれている雑貨類も「甘い」んですよねぇ・・・
訪れたのは数年前のことなので、変わっているかもしれませんが。

遠方から通うファンがいることは、わからなくはないです。
ハマる人はハマる本屋さんであることは確かです。
こういう本屋さんがあることは良いことだと思います。

すごく乱暴に表現すると(きっとファンに怒られるでしょうが)、
ヴィレッジヴァンガード(アメリカン)をヨーロピアン風味にして、
上品にして、乙女の粉を振りかけた感じ・・・

私、よく「上品ですね」と言われるのですが(ホントです)、
実はヴィレッジヴァンガードの方が好きです。振り切れてる感じがして。

とは言え、近くにあれば毎日通ってそうな気もするんですが(笑)。
遠路はるばる行きたいかというと、やはり違うかなぁ。

「何かが足りない」というより「オマケが多すぎる」感じの本屋さんです。
こだわりが、過剰な演出に見えてしまうのですね、私には。

オマケって、大体いらないものでしょう?
もらった瞬間にはワクワク感や、お得感があるけど、
そのうちスグ、持て余してゴミになってしまう・・・

そんなつもりではないのでしょうけれど、本がファッションに見える。

大型書店に負けずに個人の本屋さんが生き残って行くために歩む道の、
ひとつの雛形ではあるのでしょうが、京都という土地だから通用する、
という面は正直なところ、かなりあると思います。

すみません。なんか、苦情みたいになってしまって・・・
あくまでも、私には期待はずれだったという個人的な話です。
本と人の出会いを広げている場所の一つとして、敬意は抱いております。

では、私の理想の本屋さんは?と言いますと。同じ京都にあります。
学生時代から変わらない、マイ・ナンバーワン本屋さん「三月書房」。

その魅力も語るべきだと思いますが。ここはズルをして。
福岡伸一氏(「ルリボシカミキリの青」すごく好きです)
に代弁してもらうことにします。興味のある方はこちらの記事をどうぞ。

http://www.mishimaga.com/hon-watashi/009.html

見た目、小さな古本屋みたいなお店なんですよ。
実は新刊本の本屋さんと知って吃驚するような雰囲気。
しかし本のセレクトといい、配置といい、エクセレント!!
とにかく、知的興奮が涌き起こるお店なのです。

ああ、私も福岡先生を見習って「三月書房詣で」をしたい。
いや・・・福岡先生より近いんだから出来るよね。やろう!

(2012.8.22)
後半、本の感想じゃなくなってしまって・・・ごめんなさい。
この本の佇まいは好きです。センスが良く、大人可愛い本です。
本のスタイルに、恵文社さんの姿勢が表れていて好感が持てます。


関連記事

三月書房は行ったことがありませんが、
古書店風な店構えには惹かれますね。


わたしも書店には、こだわりがありますので、
なんとなくわかるような気がします。





2012.09.03 23:06 | URL | kappamama #- [edit]
三月書房は、ほんとに凄いです。
古書店風も好きですし、古書店そのものも好きです。
昔ながらの古本屋さんの佇まいっていいですよねぇ。

古本屋にも負けない新刊書店といえば。
京都なら三月書房、神戸なら海文堂書店。
我が大阪は・・・うっ。思い浮かばないなぁ・・・
2012.09.04 15:36 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
面白そうな本屋ですね。

京都にはたまに行くので機会があれば覗いてみようと思います。
2012.10.29 21:41 | URL | pakira #JyN/eAqk [edit]
京都には個性的な本屋さんが多いので楽しいです。
ぜひ立ち寄ってみて下さい。
2012.10.30 10:06 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1643-e3053919

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 本屋の窓からのぞいた京都
  • 2012年09月01日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***