Loading…

ドリー先生の歳月  ミス・リード

Posted by 彩月氷香 on 02.2012 その他 翻訳文学   4 comments   0 trackback
4795297746

日向房
Amazon

イギリスの田舎に育ったドリー。
彼女は村から出る事なく、老女になる。

生まれ育った家も、極貧ではないながら貧しく、
自らが教師となって稼ぐようになってからも、
豊かというのには程遠い暮らしで。

つつましい。日々の生活も人生そのものも。

しかし。なんと心に光を降り注いでくれることだろう。
彼女の謙虚で、正直で、愛情深い人生を辿ることは。

何気ない一場面にも、祝福を感じる本。
現代においても、このように生きることは可能だろうか・・・

(2012.8.26)
原書には「わが父に・・・愛をこめて」という献辞が掲げられ、
その下にオリヴァ・ゴールドスミスの言葉の引用があったという。

無名の谷に埋もれながら、逆境にうちひしがれず、名利に恬淡、つねに心平らかに生きるひとこそ、真に偉大である

まさにその「偉大なひと」の一人であるドリー。

刺々しく周囲に警戒のアンテナを張り巡らせて、
自己を守ることに必死になりがちな現代人の心には、
まぶしいような素朴な誠実さとユーモアに満ちています。

心に優しい日差しが差すような、温かな物語です。
幾度も繰り返し読みたい本に、久しぶりに出会いました。


関連記事

おはようございます。
今朝はこちら、すっかり秋の気配。寒くて目が覚めました。

この本を今、読んでみたい。

「謙虚で、正直で、愛情深い人生」

このように生きられたら、どんなにこころやすらかでしょう。
素敵なご紹介をありがとうございます。
2012.09.03 05:58 | URL | ハル #jjURaDtE [edit]
はじめまして。
表紙が素敵な本です。田園生活を描いた小説が好きなので気になります。
2012.09.03 15:53 | URL | ジュリ #- [edit]
秋らしさが漂うようになったんですね。羨ましいです。
こちらはまだまだ、「夏」です。

私、この本を読んで、すごくホッとしたんです。
住むところや触れるものが狭い範囲にあっても、
豊かな人生は送れるんだ、って・・・

心の中に。大切なものはあるんだって。

当たり前のことのようだけど。
外へ外へと広げて行くことばかり、いつの間にか、
考えるようになっていたんだな・・・と。
2012.09.03 16:12 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
はじめまして。
お越し下さってありがとうございます。
優しい感じの表紙ですよね。内容に似合っていると思います。

田園生活を描いた小説がお好きですか?
でしたら、きっと気に入って頂けそうな気がします。

ドリーの家が私はとても羨ましくて。
こんな風に暮らせたらいいなぁと夢想してしまいました。
2012.09.03 16:16 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1649-5fadeb0f

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • ドリー先生の歳月  ミス・リード
  • 2012年09月02日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***