Loading…
 

いつも一緒!水彩色えんぴつ  石川道子

4309280307

河出書房新社
Amazon

昨日ご紹介した、「はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson」とは
同じ水彩色鉛筆の描き方本としても、傾向が違います。
こちらの方が「可愛い系」。タッチと色遣いが女の子っぽい。

どちらが良い、ということもなく。このふんわり感も素敵。
描き方のヒントは「はじめてさん〜」の方がたくさん載ってますが。
この本で紹介されてるくらいでも、充分な気もします。

こういう初心者向けイラスト入門本を手に取る人にとっては。
敷居の低さ(私でも描けそう!)が大事なんじゃないかしらね。
だから、好きと思える作風を参考にしたらいいと思います。

私はロクに描けもしないくせに、素直に真似ず自分流。
ちょっとコツだけ、教えてもらえたら満足なのです。

では、禁断の(?)実例をひとつだけ。

yasai.jpg
まず、このラディッシュの写真をご覧下さい。
皆様でしたら、これを元にどんな絵を描きますか?

yasai1.jpg
著者の石川道子さんの絵がこちら。
葉っぱは整理して描かれてます。影も淡め。美味しそう。

yasai2.jpg
こちらが私が描いたもの。
青みが全体に強いのと、影が濃すぎるのとが気になります。
moleskinesketches のと同じものです・・・サイズが大きいだけ)

あ。どこを参考にしたのかって?(笑)
輪郭を同じ水彩色鉛筆で描くという点だけ、真似しました。
ちょっと、やわらかい印象になりますね。

画材が違うんじゃない?と思われるかもですが。
使った色こそ違え、まったく同じなんですよ。

「はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson」の杉原美由樹さんは、
ファーバーカステル社の水彩色鉛筆を使用されていましたが、
本書の石川道子さんは、ステッドラー社のものを使用されています。
私が持っているのと同じシリーズです(カラト・アクェレル)。

メーカーやシリーズが違うと、発色や色のトーン、
それから水彩色鉛筆の場合、「溶け方」が大きく違います。
ファーバーカステルの方がよく溶けて、より水彩風になります。
ステッドラーも溶けますが、鉛筆のタッチが残ります。

杉原さんは、ファーバーカステル押しでしたが。
石川さんは、ステッドラーがいいとおっしゃる。
私としては、ファーバーカステルの色鉛筆がずっと憧れで。
毎日、アマゾンで定価の半額になってるのを眺めて悩んでいます。

カステル デューラ水彩色鉛筆 60色 缶入117560
B000OV4MPE

趣味にちょこちょこっと描くのには贅沢かなぁ。
今まで愛用してきたステッドラーちゃんにも愛着はあるし・・・

カラト アクェレル 水彩色鉛筆 60色セット
B0014E4LHY


上級者はメーカーも混ぜて使うようですが。使いこなせるか、疑問。
そもそも、どちらのタイプが自分に合ってるんだろう?
ステッドラーを買ったのは、そういう違いも知らずに、
たまたまセールで、お買い得だったからなのですよ・・・

タッチという点では、線が残る感じは好きなのですよね。
でも、色はファーバーカステルの渋さに惹かれる・・・。
いつも必ず、青や紫を重ねてトーンを暗くするクセがついたのは、
ステッドラーの色味が自分には明る過ぎるからなんじゃないかと。

あれれ?まったくもって、本の感想でも紹介でもないですね、これは。

ひとつ、個人的見解ながら、色鉛筆について語りますと。
絵が得意ではないし、絵を描いた経験も学校の図工の時間ぐらい、
それでも、ふっと描いてみたくなった・・・という人には。
普通の色鉛筆より、水彩色鉛筆を強力にプッシュします。

水に溶けるというのは、かなりの強みです、ハイ。
普通の色鉛筆よりも、表現の幅が広がる分、誤摩化せる(笑)。
ぼやーっと滲ませるだけで、ニュアンスが出ますから!

私みたいに欲張って60色なんて買わずとも、24色でいいかも。
いえ、12色でも充分描けるらしいです。参考にこちらのページを。

~鈴木周作 Official Website〜 札幌の水彩色鉛筆画家。

独学でイラストレーターになられた方なんですけど。
(電車の絵をたくさん描かれてるので、電車好きさんも必見)
ファーバーカステル社の水彩色鉛筆12色のみで描いてるそうです。

私は12色じゃ無理だな。ややこしい色味が好きなので。
いずれは自分に必要な色を絞って行きたいと思っていますが。
まだ、それ以前の段階ですしねぇ。少ない色で描く方が技術が必要。

ふーう。頭の中でファーバーカステルの色鉛筆がダンスしてます。
まだしばらく、悩み続けることになりそうです。

(2012.9.3)
著者の石川道子さんのサイトを発見。
~ 石川 道子の水彩色鉛筆画と描き方のサイト ~
本書と内容一部、被ってます・・・お得なサイトです(笑)


関連記事

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.10 22:13 | | # [edit]
どうか願いが届きますように・・・切に。

充実してますか!?なるほど、宇野千代流の上達法!
賞金稼ぎとはまた、カッコいい。きっと見応えあるはず。
機会があれば、拝見してみたいなぁ(興味津々)。

そうでした。去年も、そのようにおっしゃって頂きました。
無理〜!と思いましたが(今も思いますが)。
チャレンジしてみるのも、良いかなとは感じます。

ズッコケるような結果になりそうですが。
それもまた、楽しいような気がします。
諦めなければ、進歩するはずですしね?(宇野千代流に)
2012.09.11 08:35 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1665-bbe4de01

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • いつも一緒!水彩色えんぴつ  石川道子
  • 2012年09月10日 (月)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***