FC2ブログ
Loading…
 

ラスト・チャイルド(上)   ジョン・ハート

4151767037
ハヤカワ・ミステリ文庫
Amazon

何故なんでしょう。読んだことない筈ですが。

ずーっと。
実はこれ、昔読んだけど、読んだことを忘れてるのでは?
と自問自答しつつ読み続け・・・妙に疲れました。

設定や登場人物がすごく見覚えがある感じがして。
だけど。同じか!?って言われると似てるだけのような。

正直。よくある・・・あり過ぎるパターンなんです。

兄弟が消えた(双子の場合が多い)。
残された片割れは少々心を病んでいる。
さらに彼だか彼女だかの親(たいてい片親)は壊れてる。
そこに付け込む悪いヤツがいる。

兄弟っていうのは、姉だったり弟だったり妹だったりしますが。
めっちゃ可愛くて・・・性犯罪のターゲットになった可能性あり。

そう。今も犯人は野放し!そしてまた、事件が起こる・・・

この事件を追う、保安官だか警官のタイプも毎度似ている。
はぁ・・・これじゃ、読んだことなくても読んだ気分になるよ。

まるごとってわけじゃないけど、2つ3つの要素が被る小説、
4,5冊は読んでると思う。例に挙げたいところですが思い出せない。
(全然、威張ることじゃないですけどもねぇ・・・)

文句ばーっかり言ってますが。
面白いんですよ。主人公の少年像なんかも好きですし。

しっかしなぁ・・・。
このどうにも読んだような感覚の濃さには参りました。

主人公の少年や少女の年齢も大抵、同じくらいなんですよね。
多感な年頃に自分の分身のような兄弟に不幸があり、しかも孤独。
誰でも応援したくなるような設定ではあるのですが。

また判を押したように、母親が超美人ときてるんだよなぁ。

ジョン・ハートは好きな作家ですが。
こればかりは、ベタ過ぎる設定だと思うな・・・
スタンド・バイミー風味も加味され、美味しいストーリーだけど。

(2012.10.10)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1709-3f6067fb

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • ラスト・チャイルド(上)   ジョン・ハート
  • 2012年10月26日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***