Loading…

太陽の塔  森見登美彦

Posted by 彩月氷香 on 22.2012 その他ま行の作家   6 comments   0 trackback
4101290512
新潮文庫
Amazon

矮小でありながら肥大化した自我。
まぁ・・・私自身がその持ち主だと思いますが。
正直、苦手なんですよねぇ。

妄想が爆走してるというなら、それはそれで良いんですが。
妄想が後ろ歩きしつつ時々スキップ、さらにしばしばコケる。

はぁぁ~イタイ。目を覆いたい。

ごめんやけど、共感できへんし。
でも、なんかわからないでもないんよね。

主人公の脳内もそうですが。
身体の方も相当、迷ってます。

迷い道の舞台が何とも懐かしかったりして。
かの岡本太郎の代表作、太陽の塔は慣れ親しんでますし。
京都の街も学生の頃、ひとりフラフラ彷徨ってました。

なんで、こんなアホの妄想散歩に付き合わなあかんねん。
一人で勝手にやっといて欲しいわ、知らんわ。
・・・と呆れ返りつつ。

最後まで読んじゃいました。

(2012.12.12)
めんどくさ、あほらし~と思いつつ。
どこか憎めないんですね。
街並みの描写なんかは好きなんですよ。
(京都の阪急百貨店はマルイになっちゃいましたねぇ・・・)
あ。この本。クリスマス関連本に入れられるかな?
非常にビミョウなセンですね。読んだ方どう思います?
関連記事

耳にした話に、クリスマスに本当に「ええじゃないか」しているらしいですよ。ちなみに、私も内容それ自体はイマイチならずイマサンでしたが、「ええじゃないか」の発想は素直に凄いと唸りました。最後だけで持っていった作品として記憶しています。これと同じ日本ファンタジーノベル大賞の15回の優秀賞受賞作「象の棲む街」は力作でしたので、機会があれば読んでみて下さいまし。
2012.12.22 22:46 | URL | Medeski #JyN/eAqk [edit]
昨年、森見作品にはまったのですが、その中でも『太陽の塔』はこなれていない感じがしますね。その後の夜は短し〜や四畳半で、ようやくカチっと収まる感じ。森見作品の良さ的な物語の世界観がまだ出来上がっていないころなので、妄想が鼻につくという感じわかります。
あほくさいけど、わからなくもない。
そのへんの、読者の忘れかけてた青臭さを刺激する部分が結構好きです♪
(ちなみに、ブログの背景のクリスマスバージョン素敵ですね☆)
2012.12.23 13:49 | URL | 図書館男子 #h4Nf/AwQ [edit]
「ええじゃないか」は面白い!と思いました。
そうなんですかー。実際にやってるんですか・・・
24日なんでしょうかね。25日の方かなぁ?
ちょうど京都へ行く用事あるんですが(笑)

「象の棲む街」、チェックしてみますね。
基本、ファンタジーは大好きなんですよ。
日本のは児童文学系で止まってますけども。
ご紹介、ありがとうございます(*^_^*)
2012.12.23 17:42 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]
「こなれていない」・・・うん。それだ!(笑)
出来がいいとは言えないけど、でも嫌いじゃないです。
まぁなんだか憎めないという感じですね。
「夜は短し〜」は昔読みましたが、良かったです。

クリスマスの背景にお目を留めて頂き嬉しいです。
他のバージョンも登場する予定です♪
2012.12.23 17:47 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]
クリスマスに「太陽の塔」がきてしまいましたね^^
関連本に入れるかどうか、迷われるのも確かに。
読んだ人にはもちろんクリスマスですが、読者が欲しい形のクリスマスではないですもんね。
どうしようもなくイケてない男の臭いが漂います。

どんな作家さんも変化していかれますが、この本は無修正森見登美彦を感じます。
以降の作品には可愛さも現れ身近に感じますが、これだけは強烈としか言いようがないです。

阪急の後はマルイでしたか…
それでは締まりがないし、何だか味気なくて残念ですね。
2012.12.24 11:35 | URL | ごろちゃん #JyN/eAqk [edit]
「無修正森見登美彦」とは言い得て妙!座布団5枚!(笑)
まぁ・・・正直、可愛らしさを加えても苦手な作風です。

救いは、私がダメ男には甘いってことですね〜
中途半端にダメじゃなくて、とことんダメな方が許せます。

一番キライなのは「イケてるつもり」な人。
或は周囲も「イケてる」と認めてるけど私はそう思わない人。
あ。なんだか、めっちゃ脱線したぞ〜っと(^^;

ええ。あの場所にマルイは違うんだよなぁ・・・・
でも、最上階の本屋さんは居心地よいのでオススメです。
2012.12.24 17:43 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1780-d2a34f90

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 太陽の塔  森見登美彦
  • 2012年12月22日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***