FC2ブログ
Loading…
 

文藝ガーリッシュ  千野帽子    

4309017851
河出書房新社
Amazon

そもそも「文藝ガーリッシュ」とは?
まず著者はその説明からスタートする。

長い説明で、要約が難しいが、
「志は高く心は狭い文化系小娘のためのジャンル」らしい。

要は、小生意気な少女趣味、ってことね。
可愛いなんて言わせないぞ、とつっぱる(死語!)美少女のイメージ。

どうも私自身がその基準から外れるせいなのか、
素直に入りにくい文章にしばしば、ぶつかった。
趣向は面白いんだけど、凝りすぎたんじゃないかな・・・

先日読んだ「読まず嫌い」の方が断然、面白かった。
取り上げられてる本は、私の得意分野なのに。

まず、読んだことある本がずらっと、
幸田文「草の花」、小川洋子「ミーナの行進」、森茉莉「甘い蜜の部屋」、
佐々木丸美「雪の断章」、武田百合子「富士日記」、長野まゆみ「雨更紗」、
瀧澤美恵子「ネコババのいる町で」


他には取り上げられた本は読んでいないが、おなじみの作家、
森田たま、三島由紀夫、小沼丹、矢川澄子、野上弥生子、津村節子、
笙野頼子 、小泉喜美子、金井美恵子、綾辻行人。


それなりにクセのあるラインナップだ。
独特の世界に浸りながら自分も世をスネてみる、という読み方が似合う。

文学に納まらない異色の香りを持ち、少女の感性を湛えている、
そんな作者であり作品群でもある。

読みたい気持ちを揺り起こす千野氏の紹介の上手さは侮りがたく、
気がつくと、私の読みたい本リストに長い追加の列が・・・。
チラとよぎった不安どおり、調べてみると絶版本があり得ないほど多い!

ほんとに困った本を書く人だなぁ、千野さんって。
「読まず嫌い」を読んでる限りじゃ男性と思ってたけど、もしかして女性?
こんなに少女小説を読んでる男性、って・・・ありなの? 

と、ここで、ググる。
へ~ぇ、正体は岩松正洋というフランス文学者、かつ関西学院大学の准教授。
ネットって便利で、でも夢を潰すよね・・・。無名の勤め人の方が素敵なのに。

この出来過ぎた少女の考察は、女じゃないから出来ることだと思う。
少女(「元・少女」も含む)は、こういった分析などはせず、
どっぷり浸りきるか、さらに妄想の世界を広げていくかだものね。

あ、本の紹介の合間に「文学少女の手帖」というコラムが挟まれてて、
これはとても秀逸なミニ文学論で、好きです。

(2010.4.20)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/180-861cbd1a

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 文藝ガーリッシュ  千野帽子    
  • 2010年04月28日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***