FC2ブログ
Loading…
 

つぶやき集 2013年1月(2)

今年こそは穴に落ちずに・・・と思っていたけど。恒例の二月の憂鬱の兆し。自分の誕生日が近づくと、毎日が悪夢になる。そろそろ自分を許してあげてもいいんじゃないかと思うけれど。それが出来ない、それをしない・・・ことで何とか生き延びているのかもしれない。素直に穴の底で膝を抱えますか。

去年の今頃をつい、振り返る。アカン、思った以上に酷い。今年はたぶん、そこまでのことはないだろう。自分の心を見つめたら同じようなものが見えるのかもしれないけど。繰り返しはつまらないから、斜め上辺りを見ることにする。真正面からぶつからないことにする。

無理矢理ポジティブになることの弊害は大きいので。ネガティブモードのまま過ごすけど。トーンというかテンポというかノリは調整して。変な話、ネガティブな自分をどこかで少し、楽しんでいたいと思う。結局、自分自身をどこか離れたところで冷静に見てるもう一人の自分はいつも潜んでいるのだし。

物事の明るい面を努めて見る、というのはもちろん、正統派の世渡り術だと思いますが。暗い面をじとーっと執念深く見つめつつ、そこに何かしらの情熱を見出すのも、才能だと言えるでしょう。暗くて何が悪いんだ、という気持ちはずっと昔からある。明暗の割合の問題だ。影の方が多い人もいる。

光も影も。どちらも避けたい気分のことが多いかもしれない。

闇の中にいると光が眩しいし。光の中にいれば闇が招いているように感じるし。逆のものを意識させられるのがたぶん、しんどい。その場に浸りきれずに、ここでないどこかを求めてしまうのが。闇も光もどちらも自分に似合わないと感じているせいもあるのだろう。薄明かりか曇り空がいちばん落ち着く。

ちょっとしばらくアホの子モードで過ごしてみようかとか思ったりする。アタマ振ったらカラカラ音しそうな感じに。で、その音を聞いてケラケラ笑ってる感じに。心が空虚だとアタマが重くなって来ることが多いけど、この際アタマも軽くしちゃえばいいんではないかと(まぁそう上手くはいかんだろう)。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1821-d62fcd0b

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • つぶやき集 2013年1月(2)
  • 2013年02月03日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***