Loading…
 

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法  宇津木龍一

4413038274
青春出版社
Amazon

―美肌には化粧水もクリームもいりません―

・・・こう副題にありまして。
えーつまり。水で顔を洗う以外に何もするな、と。

シンプルスキンケアへと移行中の私も。
この過激(?)な提言にはビビリました。

あのー。あのー。メイクはどうやって落とすんですか?
あ、やっぱり石鹸だけですか。それも純石鹸ですか。
つまり、ファンデはナシか、お粉か?・・・ですよね。

あら。ポイントメイクはオッケーですって?
石鹸では・・・落なくないです?
落ちる程度にしましょうってことですね。

ふーん。完璧に落なくてもいい?
垢と一緒に自然に落ちる?
必死に落とそうとするほうが害になる?

とにかく。一度に全てをやめるのが無理なら徐々に。
肌に何かを塗る行為を廃絶していく。

石鹸に美容成分や保湿成分が入ってるのもダメ。
何よりもクレンジングが最大の美肌の敵。
クリームも最悪。コンシーラーも最低。

先生いわく、
クレンジングとクリームとコンシーラーは捨てよう、と。

何故なのか気になる人は読んでみてください。
手入れということをまったくしないのに美肌の友人を
3人も持っている私は大変、納得できました。

問題は長年化粧品で手入れを頑張ってきた人は。
当分の間、肌荒れと闘うことになるということ・・・

機能低下している肌が復活するのに個人差はありますが、
3ヶ月とか半年とか、1年くらいの期間が必要なそうです。

体験談を読んでいても、数ヶ月間耐えに耐え、
気がつくとシミと皺とくすみとニキビが消えていた!
ただ、それまで肌がガサガサ過ぎて何度も挫折しかけた・・・と。

つまり。数ヶ月か下手すると1年に及ぶ肌荒れ期間を乗り切れるか。
しかも・・・ノーメイクもしくはナチュラルメイクで。
さらに、ここが肝心ですが。肌が綺麗になっても続行すること。

ええ。化粧水もクリームもクリームファンでやらUVも。
一生、絶対に塗るな~!ってことですよ・・・

あまり。万人にはオススメできません。
とりあえず私は只今、実行中。
どっちみち、春先のみ敏感肌になる体質で。
この時期はしたくても、メイクは出来ないのです。

お粉と眉のみ。気が向けば、ささっとチーク。

薄っ!うわー消えそうなくらい顔が薄いぞ。
ファンデを塗らいないとシミが・・・顔色の悪さも際立つ!
でも・・・クレンジングがいらないと嬉しい。

で。現状の肌ですか?
はい。突っ張ってまーす。先生の理論では「しっとり」は異常。
「さらさら」が正しい肌の状態だそうですが・・・
今のところ、「さらざら」(さらさらとざらざらの中間)です!

確かに、皺は目立たなくなってきました。
あまりにも乾燥する場合はごくごく少量のワセリンを使っていいそう。
というわけで、慌ててコレを買いました!

ワセリンHGチューブ
B008RTYBZ6


チューブの方が清潔で良いそうです。
すっかり何も塗らない快適さの虜になった私、使ってませんが。

(2013.3.1)
見た目、肌が荒れてるとわかるほどではありませんが。
綺麗になったとも言えない・・・という実践、三週間目。
ファンデのノリは悪そうですが、塗らないので関係なし。
化粧水を塗りたくてうずうずする段階を乗り越えると、
素肌のままって気持ちいいなぁと思えてきます。
どうなるやらわかりませんが、まず三ヶ月続けてみます。
関連記事

この本ではないのですが、私も似たような考えに共感しまして、水洗い洗顔以外を断ったことがあります。
意外にいけるものですよね。
最初は違和感を感じますが、眠いときにクレンジングをしなくていい解放感!
朝のメイクに時間がかからない余裕。
肌のきめは細かくなるし、いいことはたくさんありました。

だけど辞めてしまった理由はただ一つ。
「メイクがしたーーーい!!」という気持ちを抑えられなかったから(笑)

化粧品を買っている時間が楽しい、メイクしている行為が楽しいと自分にインプットされているようで、我慢が出来ませんでした。
それでも今も定期的にメイクを休みます。
短期間では改善されませんが、さっぱりして気持ちがいいです。

この本はマスカラもOKですか?
メイクをほとんどしなくても、髪とマスカラとリップがあれば随分違いますもんね。
肌のベーシックな力が戻るといいですね。
またその後の記事も楽しみにしています。
2013.04.09 16:30 | URL | ごろちゃん #JyN/eAqk [edit]
なにせ素顔が淋しいんですよ・・・「幸薄い」って感じ(汗)
地味過ぎて化粧映えはするので、なおさら塗りたくなるわけです。
ていうか、楽しいですよね・・・買うのもメイクするのも。

雑誌で新商品を眺めてるだけでテンション上がるくらい好き。
ケースから色から質感から何から何まで目の癒し。
塗り方を工夫するのも楽しくて、時々やり過ぎます(笑)
全盛期(?)は紫と緑とオレンジを組み合わせるくらいでしたよ。

ただ塗るのは大好きですが、クレンジングが凄く嫌いなんです。
今はクレンジングからの開放感の方が、メイク欲に買ってます(笑)
職業柄、メイクの必要性も醍醐味もまったく感じませんし。

あ、マスカラはお湯で落ちるタイプならOKとのこと。
でも・・・となると「まつげくるん」の出番がなくなるの。
ま、使ってますけども、ウォータープルーフの方が仕上がりが美しい。

メイクした顔の方が好きなんですよね・・・正直言うと。
私にしては珍しく、見た目よりも実質を取ろうという流れ。
お金も時間もかからなくて、気分爽快!(鏡を見ない限りは^^;)

結構、肌の基礎体力が落ちてるようなので一年は続けてみます。
すっぴん美人への憧れもあるので遅過ぎるかもですが諦めずに・・・
また、経過をご報告いたしますね!
2013.04.09 20:06 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1847-cc2c86ad

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法  宇津木龍一
  • 2013年04月07日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***