Loading…
 

2013年4月に読んだ本


以下、今月の私のつぶやきです。
相変わらず、今年に入ってから少ないですね・・・7冊ですか。
ガイド本と漫画とファッションの本も含んでのことですから、
「読んだ」という実感はなおさら薄いです。

「普段着の住宅術」は建築に限らずとも、
「物づくり」の姿勢として大変共感し、感銘を受けました。

益田ミリさんは漫画を読まない人にもオススメです。
日々の憂鬱・ストレスを、粉砕するでもなく、誤摩化すでもなく、
静かにその置き場所を見つけるような目線が、心に優しい。

結局、「あるもの」は認めるしかないないのです。
すぐ応えを出さずに疑問のまま、揺らがせておく時間も必要。

(まるで自分の現状を言い訳してるみたいですが)
関連記事

こんにちは。

益田ミリさんは知りませんでした。読んでみたいです。

「結局、「あるもの」は認めるしかないのです。
すぐ応えを出さずに疑問のまま、揺らがせておく時間も必要。」

ああ、これはわかりますねえ。
私はすべてに決着というか答えを出さずにはおれなかったものですが(しかも急いで)
最近は「あるもの」を眺めながら待つ時間を少しはもてるようになってきたかな、と。
自分をゆるしてやれると心地よいなあと感じたり。

水上勉さんは、直接ではないのですがご縁のある方でした。
「櫻守」、再読したくなりました。
2013.06.07 15:17 | URL | ハル #JyN/eAqk [edit]
ハルさまとは逆に。
私は揺らがせたまま長時間、おいてばかりです。
決着をつけないことが習い性になり過ぎてしまって。

どうにもタイミングを逃し続けているような気がします。
そんな自分を「赦し過ぎている」くらいかもしれないです。

「櫻守」は、読んだ後もずっと心に残っていて。
少しずつ、氏の作品も読みたいと考えています。

あと最後のあの桜。少し遠いけれど日帰りできる場所なので。
来年、都合がつくものなら訪れてみたいなぁと。

ご縁のある作家さんなんですね。
私は小説に登場する場所が身近に感じました。
面影もないくらい変わってしまっていますけれど・・・

それだけに、夢を思い浮かべるように現在の姿に重ね合わせて、
とても不思議な時の遠近感の揺らぎを感じながら読んでいました。
2013.06.07 19:33 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
リンクしていただいて、ありがとうございます。
とてもありがたいです。

益田ミリぼくも好きです。
あの繊細さとテキトーさのバランスが気持ちいいです。
物事の決着は、どうも線引きも難しいし、もがくと絡み付いてやっかいですよねぇ。
できれば、一度すっからかんになりたいものです。笑
2013.06.07 23:44 | URL | #JyN/eAqk [edit]
リンクの報告、忘れてました(^^;
これからも、どうぞよろしくお願いします♪

そうですよね。
繊細過ぎてもテキトー過ぎても、見てて疲れますものね。

私の場合、「繊細な時期」と「テキトーな時期」が
交互にやってくる感じで・・・どっちにしろやっかいです。

すっからかんになった自分に会ってみたいですねぇ。
いったい、どんな人なんでしょうか(笑)
2013.06.08 11:00 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1872-c64aed2a

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 2013年4月に読んだ本
  • 2013年06月06日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***