FC2ブログ
Loading…
 

普段着の住宅術  中村好文

4860730003

王国社
Amazon

小さな傷と多少の汚れ、古い葉書のようなうっすらとした黄ばみ、これを私は風合いと見る。古びたときに美しさを増す素材に囲まれて暮らす豊かさを言葉で語り尽くすのはむずかしい。自然素材は、その効能を声高に言い立てなくとも、ただそれだけで「いいもの」であることを、頭からではなく皮膚感覚として感じるべきものだと思う。

コンセプトも大事だけれど、建築がモノである以上、やっぱり素材そのものの魅力というものを離れては成りたたないと思うんです。理想をいえばそういうモノとしての魅力をたたえつつ、そのことをあざとく感じさせない、じっくり煮込んでいってあっさり薄味に仕立てたような滋味のある住宅がつくりたいですね。

本書の中から印象深かったところを引用しました。
もっともっとあるんですが・・・とりあえず二カ所。

こんな建築家さんに家を設計してもらえたら幸せだなぁ。
そういう幸運は期待出来そうにもないですけれど。
中村氏のモノ作りの理念が好きで・・・繰り返し読みたいな。

「煮込んだ薄味」っていうのは、かなりツボです。

(2013.4.25)
関連記事

こんばんは、初めてコメントいたします。

素敵な雰囲気が伝わってきました。
面白そうですね。
私も読んでみたいと思います。
2013.05.09 23:18 | URL | 涼虫(すずむし) #JyN/eAqk [edit]
初めまして。きれいなお名前ですね。

ぜひぜひ。気持ちが清々しくなる本です。
家のことを書いてらっしゃるけれど、
モノ作りや生活のことも考えさせられます。
2013.05.10 20:45 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1879-1ff33f43

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 普段着の住宅術  中村好文
  • 2013年05月07日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***