FC2ブログ
Loading…
 

断捨離のすすめ  川畑のぶこ 

4495586416
DO BOOKS
Amazon

シンプルライフを目指して、日々努力している。
読書に次ぐ私の、いわば「趣味」みたいなもの。
去年からは特に「捨てる」ことに力を注いでいるので、
「断捨離」という言葉に、まず惹かれた。

強い、印象の語だよね。
この字面を見るだけで、迷いがふっきれそうに思えるくらいに。

読み終わった感想は・・・。、
好感は持てるけど、期待していたような「新しさ」は無かった。
いわゆる、捨てることを提唱する従来の本と変わらない。

シンプルライフのカリスマといえば、あらかわ菜美、カレン・キングストン、
金子由紀子、といった面々が思い浮かぶ。いずれも甲乙はつけ難い。

物を減らすことの必要性を説き、物が減れば心に変化が起き、
生活も運命も変わる、と提唱しているんだよね、どの人も。
まぁ乱暴に言うと、語り口と、用語・用例が違うだけ。

イチオシを一冊、と言われれば、やはり、
カレン・キングストンの「ガラクタを捨てれば自分が見えてくる」かな。

でも、この本は読みやすい。
物足りない人もいるだろうけど、「捨てる」初心者には親切だと思う。
散々この手の本を読んだ人(私みたいな)には、「復習」になる。
すっきりと、よくまとまってる。

繰り返し繰り返し、自分に言い聞かせないと、なかなか捨てるのは難しい。
私は去年一年で、物を200個減らしました。
ていうか。401個減らしたのだけど、201個増えたんだよね・・・。

ゴミ袋20袋捨てた、という著者に比べると微々たるもの。
それでも、物を減らすことが生活を変える、のは実感できてる。
もっと思い切って捨てたいけど、フリマ用によけてるものが結構ある。
過去4回、フリマで相当の物や服を処分してきたから
良い物は残ってないんだけど、捨てる勇気が出なくて。

あああ、駄目だぁ、まだまだだ・・・。

ちなみに、断捨離とは、
「不要・不適・不快」なモノを断ち、捨て、離れること、その過程のなかで
「モノと自分との関係を問い直すこと」
と著者は言ってます。元々はヨガの考え方らしいけど。

順序が逆になっちゃったけど、この考えの元祖のやましたひでこさんの本を
次に読んでみたいと思ってます。

(2010.4.30)

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/188-b1604012

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 断捨離のすすめ  川畑のぶこ 
  • 2010年04月30日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***