FC2ブログ
Loading…
 

つぶやき集 2013年4月(2)

私は芸術家でもなんでもないけれど。「ちょっと評判のよかった自分を、またしても自分がまね、自分がそんなにほめられるものをもたなければ、自分の師匠の型をまねる。その型が立派だと、一生涯ぐらいは芸術家で通用するのである。ただしほかにもっとよいのがなければであるが」の部分、耳に痛かった。

自分で自分を模倣するっていうのは、すごくわかる。創造という以外の面でも。人間性というか、生き方というか、言動というか。ちょっとした所作というか。評判の良かった自分自身を無意識、もしくは半ば意識的になぞる・・・小さな自己嫌悪を押し隠して。

自分が大好きな本のことを呟いてる人を見つけると、とても嬉しい。そして、しばし悩む。「私も好きなんです!その本!」と話しかけるかどうか。というのも、そこから話が弾む場合もあり。完全に無視される場合もあり。何より返事を下さったとしても、内心鬱陶しがられてるんじゃないかと疑ってしまう。

私の気持ちのテンションによるんだろうな。「私も!私も!」とはしゃぎたい時と。心の中でひっそりと、自分の好きな物を好きな人がいる嬉しさを噛み締めていたい時と。

好きなものが同じでも、感じ方は違っていたりして。その少しずつのズレを楽しみながら、なかに「あ、そうそう」と自分が言い表せなかったところを相手が言葉にしてくれて嬉しくて、かつ悔しいような瞬間もあったりして。という具合だとすごく素敵なんだけど、それはそれで重たい疲労に襲われもする。
補足しますと。最初の引用は、こちらの本から。
美学入門 (朝日選書 (32))
中井 正一
4022591323

私の読書感想もあります
→http://raffiner.blog70.fc2.com/blog-entry-1865.html
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1892-b2f79966

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • つぶやき集 2013年4月(2)
  • 2013年05月15日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***