Loading…

世界の夢の本屋さん  清水玲奈 大原ケイ

Posted by 彩月氷香 on 02.2013 未分類   2 comments   0 trackback
4767811473
エクスナレッジ
Amazon

タイトル通り、夢の本屋さんの数々・・・ですね。
眺めているだけでも、うっとり、溜息・・・
毎日でも通うなぁ・・・こんな本屋さんが近くにあれば。

特にどれ!っていうのは無かったかも。
実際に行ってみないと空気感がわからないから。
それに私、英語がろくろく読めないし。
読めない本だと、美術品になっちゃうもん・・・

これらの本屋さんで本を買う為だけにでも、
英語を勉強したくなるくらい素敵な「本いっぱいの空間」です。
いや、美しい本棚を眺めてるだけで、きっと幸せになります。

各店の店長さんと店員さんの来歴が面白い。
ごく簡単にまとめてあるけれど、興味を惹かれます。
やはり書店員て世界的に給与待遇がいいとは言えないらしく、
副業を持ってる人がかなり多いんです。

それでも本が好き!ここで働けて幸せ!・・・って。

どんな本屋さんでありたいかというビジョンや葛藤の中で、
ほぼどなたも経営の厳しさは洩らしてらっしゃる。

「アマゾン」に負けない品揃え、あるいはサービス。
・・・ココ、かなり重要なんですね。そうでないと生き残れない。

アマゾンでは扱ってないような本を発掘していくという道もあれば。
アマゾンで売っている本でも、ここで買いたいと思わせる接客という道も。
カフェや、物販や、デザイン事務所との併設という選択も多い。

それでふと、思ったのは。
アマゾンのせいで本屋がたくさん潰れたと言われていて、
実際にその通りではあるのだけれど・・・

アマゾンに負けない為に知恵を絞る本屋さんも生まれて、
だからこそ新たに、魅力ある本屋さんが増えたのかもしれない、と。
まぁ・・・アマゾンをフル活用してる私が言うのもナンですけど。

住む場所を選べるのなら、歩いていける所に好きな本屋さんと、
パン屋さんと、川辺(もしくは湖畔)の小道がある町を選ぶなぁ。


(2013.5.30)
世界とは言っても。この本にとりあげられているのは、
ロンドン、パリ、ローマ、ミラノ、アムステルダム、
ブリュッセル、ニューヨークなどです。
私、こういうドーンと厚い表紙で頁もしっかりした本が好き。
関連記事

ぼくも副業?趣味で本屋してます。
この本、いいですよね。
テーマを自由に決めて、まるで自分のコレクションのように棚を作るのは楽しいですね。(売れることはある程度、前提なのですが…)
「この本が欲しい!」じゃなくて、「へーこんな本あったんだ」という買い方をしてもらえると嬉しかったり。じゃないとホントAmazonの方がいいですもんね。笑
2013.06.03 00:50 | URL | #JyN/eAqk [edit]
本屋なさってるんですか! わぁぁ行ってみたい♪
棚作り、楽しそうですねぇ。

そうそう。
本屋さんの棚作りのセンスって重要なポイントです。
普通に分類されてると埋もれる本が目に飛び込んできたり。

同じ本でも、読んでみたくなる場合とそうでない場合があって。
それは本屋さん次第・・・みたいなところがあります。

あと、どこにでも売ってるような本とかでも。
ブックカバーが好みの本屋さんで買うことが多いですね。

いつかアマゾンを卒業?して。
本屋さんで本の大人買いできるようになるのが夢です。
気に入った本を紙袋いっぱい買えるようになりたいな~
2013.06.03 09:48 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1898-59e4df37

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 世界の夢の本屋さん  清水玲奈 大原ケイ
  • 2013年06月02日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***