Loading…
 

つぶやき集 2013年5月(3)

ずっと見に行きたいと思っていた大田神社のカキツバタ。小雨のなか緑の葉と紫の花がよく映えて綺麗だった。しかし写真を撮るのは難しく・・・。目に見えるものの美しさと写真の差に、がっかりしてしまった。見るのとは違う新しい美しさを創造できるほど、腕もセンスもないのが問題なのだけど。

雨に濡れる緑に、自分も溶け込んで行きそうに感じられて。水分たっぷりの瑞々しい心に生まれ変わったような気がする・・・素敵な一日でした。

明るいレンズって。カメラをいじり出すまで意味がよくわからなかった。光を多く取込むってことなんだ。光が画を作るんだなと実感する。たぶん。人間も似たようなところがある気がする。明るいレンズを持っている人は。心に光を多く取込んで。美しい絵を描くんだなって。

何か北村薫の小説のなかにあった一節のうろ覚えだけど。「絶対にそういう風には見えないって感じに描いてあるのに、ちゃんとその物に見える」って(同級生の絵を主人公が批評した一言)。表現ってそういうものなんだろうな。その物らしさを表す要素は、見えない所にある。もしくは創る者の眼の中に。

「自分を失うこと」・・・誰かの為に無私になるのでもなくて。ただ自分の実体を意識せずにいられる瞬間を持つこと。それが何より幸せだという気持ちはずっと変わらない。何かを望むこともなく考えることもなく、自分が光に溶けること。委ねるという意識もなく世界の一部であること。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1912-0d2ddf11

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 2013年5月(3)
  • 2013年07月05日 (金)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***