Loading…

わたしの嫌いなクラシッ ク  鈴木淳史

Posted by 彩月氷香 on 19.2013 音楽   2 comments   0 trackback
4896919475
新書y
Amazon

嫌いなものについて語る・・・というのは。
そして、それが読み物として面白いというのは。
案外、難しいことのように思います。

日頃から「嫌い」の中に潜むものに興味があって。
人がそれぞれ個々に持っている「嫌悪感」の理由や、
それに対する身の処し方が、とても気になるのです。

好き嫌いは理屈でないというのも、それもそうですが。
やはり、掘り下げていくと見えてくる、あれやこれや。

好きなものにも、嫌いなものにも。
ただ感情的に身を任さないで「面白がる」、
・・・そんな余裕があったらいいなと思います。

一方で、どうにもならなくて。
好き過ぎるものや、嫌いすぎるものに、
振り回されている生き方も何だか眩しいのです。

クラシック音楽の好みとしては、鈴木氏と近いとは言えず。
なのに惹かれてしまうのは、この人の思考回路の具合。
私と似てるなぁ・・・と感じる部分があり過ぎます。

(2013.9.4)
この本のノリはすごくすごく好きです。
こんな感じで「わたしの嫌いな文学作品」とか書いてみたい。
嫌いと感じるものは、「気になってる」んですよね、結局。
自分の気持ちを分析するのは、面倒くさいけど楽しいのです。
いや、楽しくもなくても、時々やらずにはいられない・・・のか。
関連記事

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.19 23:34 | | # [edit]
おもしろいですよ〜。鈴木氏は好みがマニアック過ぎるので、
私もクラシックのネタにはついていけてません。
それでも、存分に面白いので良かったら読んでみて下さい。

私はこの人の自意識の在り方にすごく共感するんです。
言ってしまえば「面倒くさいヒト」ですけれども(笑)

私は交響曲どころか、モーツァルトが全般的にダメです。
年々、読書も勿論、偏狭になっていってます。
なので、昔良いと思ったものの再読はビクビクします。
読まずに美しい思い出だけ残しておくのが正解かなぁ・・・と。

偏愛していたのに良さがわからなくなった本といえば。
あ、それは内緒にしておこう(笑)

断片読みというのか。いいとこ取りというのか。
ちょびっと美味しいところがあったら良し、という・・・
まぁそういう大らかさが意外にも私にはあるようで。

本は背表紙を眺めることに意味があるという人も。
読み返さずに背を眺めて思い出(美化されてる?)を
辿るのがいいな・・・なんてね。

案外、好き過ぎたもの程、バッサリ縁を切りたくなりますね。
そうして潔く手放した筈のあれやこれやをそう言いつつも、
やっぱり微妙に惜しんでいたりするこの頃です。

たぶん、また一山越えると本なんて読まない!って人に
変貌するという可能性もないわけではありません(笑)
2013.11.20 06:59 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1998-d42bc281

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • わたしの嫌いなクラシッ ク  鈴木淳史
  • 2013年11月19日 (火)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***