Loading…

失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選   フリードリヒ・デュレンマット

Posted by 彩月氷香 on 13.2014 その他 翻訳文学   0 comments   0 trackback
4334752535
光文社古典新訳文庫
Amazon


デュレンマット「失脚 巫女の死」読了。冒頭の「トンネル」が好き。「巫女の死」も面白い。しかし正直に白状するとなかなかに読んでいて「面倒くさい」感じがする作風だった。スイスというお国柄なのか、それとも・・・そう。私は以前から脚本家が書く小説がどうも苦手な傾向があるようだ。

「彼が行ったことはすべて、表向きは何かをやるということで正常な状態を獲得するためだった。正確には正常な状態そのものではなく、恐ろしいものを目前にしての、正常な状態の気配のようなものだった。」デュレンマットの「トンネル」という作品の一節。ここのところ、今の私の心境に極めて近い。


以上、読後のツイッターより。

読んだ頃、精神状態がとても悪くて。
その追い詰められた心境に、妙に似合う小説でした。

(2014.3.13)

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2161-4a247921

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選   フリードリヒ・デュレンマット
  • 2014年03月13日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***