Loading…

波と耳飾り   港 千尋

Posted by 彩月氷香 on 18.2014 美術・工芸・デザイン   0 comments   0 trackback
4103972017
新潮社
Amazon



「世界を波として感じたとき、人は郷愁をおぼえる」

この一節が好きです。

写真も文章も著者によるもので。
どちらも素敵なのですが・・・

正直ね。私は文と写真が同時なのがしんどくて。
どちらか一方だけのほうがいいなと感じてしまった。

そうすると。
この本の、そして著者の良さをわかっているとは言えない?

でも。気持ちを偽っても仕方ないですね。
どう頑張っても、写真を観るには文章が邪魔で、
文章を読むには写真が邪魔で・・・

たぶん、私が軒並み外れて不器用過ぎるのです。

とうとう開き直って。
最初は写真を無視して文章を読み。
読み終えた後に写真だけを眺めました。

(2014.4.23)


関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2199-e9c6171f

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 波と耳飾り   港 千尋
  • 2014年08月18日 (月)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***