FC2ブログ
Loading…
 

わたしのウチには、なんにもない。  ゆるりまい

4047286834

エンターブレイン
Amazon

「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります
・・・という副題で。その通りの内容です。

って。言ってしまえば簡単ですが。
この人の捨てっぷり、この人のウチの空っぽ具合!
本人も認めてらっしゃいますが「異常」「病気」の域。

ブログをやっておられるので、
カテゴリの「 住まい:リビング 」辺りをのぞくと、
著者のお宅の衝撃的なガラーン!具合がわかるかと。

なんにもないぶろぐ←こちら著者のブログ

私・・・これ見て。泣きそうになりました。
モデルルーム並みかそれ以上に、何もない!!

高所も閉所も平気(むしろ好き)な私ですが。
からーんと広いのがどうやらダメみたいで。
道がやたら広くて真っ直ぐなだけで不安になります。

で・・・平野というのが特に苦手らしくて。
高校生の修学旅行で、秋田県を訪れたのですが。
あまりに見渡す限りに土地が平らだったんで、怖くて怖くて。

すみません、秋田県をディスってるのではありません。
初めて見た平らで広い場所がたまたま秋田平野だったんです。

今なら大丈夫なんでしょうか・・・
秋田は国内旅行で行きたい県の上位なんですけども・・・

あ。脱線しましたね。

そのですね。ガラーンが絶えられない私は。
怖いもの見たさで、この本を読みました。

いったい、この空っぽな家を愛する女性とは?
その成長過程に興味が湧いたわけです。
生まれ持って、こういう体質なんだろうか?と。

読んでみてわかりましたが、違いました。

物だらけの家に育った著者。
捨てられない体質の祖母と母のおかげで、友達も呼べぬゴミ屋敷。
そこから抜け出したいともがく日々。

反動でモノなし(無さ過ぎ)生活へ。
そして震災でモノが凶器になることを知り、更に「捨て欲」が加速。

・・・という流れです(かなりざっと要約しました)。

以下はまた、私の自己満足的な備忘録です。
読者を想定して書いてないメモですので悪しからず。



「物を捨てる=祖末にしている」ではない。
持っているだけでは、物を大切にしていることにはならない。
自分の管理できる範囲で物を持ち、それらを丁寧にに使い、
手入れをして末永く使う・・・それこそが物を大切にすること。
(↑大いに同意。)


物はできるだけ持ちたくない。
でも持たなきゃ生活できない。
だったらお気に入りを持ちたい。


100個適当な物を持つより、10個のお気に入りを。
その方が管理しやすいし大切にできる。

捨てる物を探して家中をチェック。

コテなし、ザルとボウルは各一つ、バスタオルはなし。
計量スプーンなし、下着は2、3セット。
キッチンタイマーなし、取り扱い説明書なし、
本は3000冊処分、ソファなし、ファンヒーターなし・・・


(インテリアの基本)
1 物を減らす
  とにかく減らす。極限まで。

2 表に出してるものを極力しまう。
  しまえないものは自分が惚れ込んだデザインの物に。
  要・買い替え時は自分の好きなテイストが完璧に決まってから。
  本決まりしていないのに買ってしまうと統一感がなくなる。

3 柄もの、キャラものを極力排除
  これらは使用されている色が多いからうるさい。

4 色味を合わせる
  3色くらいまで。著者は焦げ茶・薄茶・白。
  ステンレスや、アイアンの黒が加わるくらい。

5 綺麗に収納する
  丁寧に畳む、並べる、それで生活感が出なくなる。



クローゼットの中身は

トップス(Tシャツ含む)7
カーディガン 1
ワンピース 3
パンツ 4
アウター 4
ゆかた 1
部屋着 2セット
キャミソール 3
下着 3セット

(バッグの中身)
・シャネルの財布ポーチ
・ヴィトンの財布
・エルメスの手帳
・エルメスのポーチ



(巻末のQ&Aコーナー)

Q 捨てる時、どういう気持ちで作業しますか?

A 私の場合、
 「これ、本当にいる?」
 「これ、本当に気に入っている?」
 「これ、本当に必要? ほかで代用できない?」
 「これ、捨てたら死ぬ?」
 「これ、見られても恥ずかしくない?」
 って感じですかね。

Q けっこう捨ててきましたが、途中で停滞してしまいました。
  もっと厳選する方法を教えて下さい。

A 私は「持ち物はすべてお気に入りの物だけにする」という考えで捨てています。なので、さっと見渡して少しでも「これはもういらないかな?」って思ったらそれが答えだと思ってます。本当に大切な物は、捨てようなんて絶対思わないじゃないですか。手放しにくい高価な物でも、それを手放すことで手に入る『空間』はそれ以上に素敵なものだとも思っています。

(2014.6.28)
著者が愛用しているという、このハサミ、欲しい!

B001GU01BGキッチンスパッター KS-203
鳥部製作所
Amazon


正直、著者を見習おうとは思いません。
私、キャラクターものは全廃しましたが。
柄ものは大好きで、絶対に諦められません。
代わりに柄の傾向はかなり絞っています。

色も三色とか、泣きます。色が好きなんです。
ただし、世界観の同じ色を揃える努力をしています。

幸い、綺麗に収納するのは私の得意分野です!(ドヤ顔)
あとは・・・物を減らす努力は欠かしません(いちおう)。

何はともあれ、読んでいる間中ニタニタしてました。
著者のやや自虐的な笑いのセンス、好きです。

関連記事

初期の頃のこの方のブログが好きで見てました。
震災がきっかけで家を建てられたみたいですが、
新しい家ピカピカで羨ましいです。

ただ冬は寒そう。
仙台だって寒いはずだっ!!(笑)

ところで修学旅行秋田でしたかー。
実際・・・どこ見るんだろう?と首を傾げるくらい
何もなかったのではないかと心配しておりますが(笑)

わたしはお約束の奈良京都ですよー。
でも、奈良も京都も子供の頃行っても面白くなかったなと
今思うとそんな印象。
大人になってから行きたいと思うのですが、
そうなるとなかなか行くことが出来ずジレンマです(^-^;)
2014.10.08 11:34 | URL | igaiga #JyN/eAqk [edit]
あ、ご存知でしたか〜
ほんと、ピカピカですよね!
た、確かに・・・どう見ても寒々しいです。

修学旅行は夜行列車で秋田まで行き。
えーっと。どこを見たんだっけ?(笑)すみません。
きりたんぽが美味しかったのはハッキリ覚えています。

その後に青森で林檎狩りと十和田湖観光。
それから青函トンネルを通って北海道。

やたら盛り沢山な内容だったんですよ。
秋田は通過した感じで、もっとゆっくりしたかったです。
角館に行ってみたいんですよね〜

ははは。やはり京都奈良ですか。
私たちは遠足で行ってるあたりですね。
あの年頃では古都や自然の良さ、わからないですよね。
私もぶっちゃけ、退屈だなーって思ってました(笑)

北海道も食べ物の記憶しかない・・・(^^;)
2014.10.08 16:22 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2255-500782c6

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • わたしのウチには、なんにもない。  ゆるりまい
  • 2014年10月05日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***