Loading…
 

つぶやき集 2014年6月(7)

きらめくもの。ゆらぐもの。水中の中で見る光のようなもの。泡のように弾けるもの。消えては生まれ、また消えてゆくもの。儚くて美しいものを見つめ続けて、身動きすることもなく、一日過ごしていたいな。何もしない、何も考えない、そんな自分に罪悪感を抱かない、豊かな「無」の休日。

自分の中の何かを救おうとしているのか、殺そうとしているのか。あった方がいいのか、無い方がいいのか、悩むものが多過ぎる。そのうち、もう面倒くさくて、どっちでもいいと思えてきて。「喪失感」すらも贅沢な感情のように感じ始める。失うことを恐れるほど大切なものがないということなのか。

そんなはずはなくて。でも。なくしてもたぶん、それはそれで何とかなってゆくのだろうと。

何も食べない日があってもいいし、洗濯を何日かさぼってもいいし・・・とほんとは思っているけれど。母が与えてくれた「衣食住を整える」という習慣だけは、一生ちゃんと、たとえ独りぼっちになっても守っていこうと思う。ふと、唐突に。 

きちんと料理して、ちゃんと似合うお皿に盛って食べる。台所は毎日磨く。洗濯と掃除は毎日する。夜は何か特別なことが無い限り、今日のうちに寝て。朝は朝食をゆっくり作れるくらいの時間に起きる。それをしたからどうってこともないけれど。ただ、そういう風に育ててもらったことを大事にしよう。

普段の何気ないことを楽しむコツをたくさん持っている人になれたらいいんだけどな。ていうか、なろうとずっと目指しているのだけれど。そして自分で言うのもなんだけれど、そこそこ成功していると自負しているのだけれど。定期的に「もう何がどうなってもいいし!」とやけっぱちになるのが治らない。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2262-cc523444

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 2014年6月(7)
  • 2014年07月25日 (金)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***