FC2ブログ
Loading…
 

『アイルランドの哀しき湖』エリン・ハート

4270101504
RHブックス・プラス
Amazon

「アイルランドの柩」の続編。
相変わらず、じっとりと重たく、陰鬱です。
だって・・・死人の眠る沼が舞台ですもの。

でも、好きなんです。
どういうところが・・・かと言うと。
いいなと思って書き抜いたところがあるので転記してみます。

だが、この部屋の中には、むさくるしいなかにも秩序と清潔感があった。ぼんやりした上の空の意識が無秩序をもたらすいっぽうで、別の意識がせっせと床を掃いたり蜘蛛の巣を取り払ったりしている感じだ。

 もう十時過ぎで、太陽は黒い雲堤の下に沈みかけ、地平線が朱とピンクと紫に染まっていた。環境には有害だが、空中に漂う泥炭の塵のおかげで、こうした美しい夕焼けが拝める。人生には緊張がつきもので、美は危険と隣り合わせなのだ。

幻想を抱くのは人間のごく自然な行動であり、事実だけ見つめるほうがおかしいのだ。

地球上のどこなら、人は孤独を感じずにすむというのかね。それに、大勢の人に囲まれとるほうがいっそう孤独なこともあるものだ。

何気ないシーンの、何気ない人物描写がいい。その目線が。

(2014.8.12)
地味過ぎて人気がないのか絶版になってるし。
続篇も見つかりませんね・・・残念。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2314-b7fdff21

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『アイルランドの哀しき湖』エリン・ハート
  • 2014年11月13日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***