Loading…

つぶやき集 2014年8月(8)

Posted by 彩月氷香 on 14.2014 つぶやき集   0 comments   0 trackback
ロンドンオリンピックの年の夏は、そういえばイギリス関連の本を読んでいた。何かにかこつけて読むというささやかな遊び心。今年はかこつけるような大きな行事もないので。何かとひっかかることの多い「精神医学」関連を読む夏にしてみるのも、面白いかもしれない。あまり読んでいないジャンルだし。

板谷波山の展覧会が9月にあると知って小躍り。10年前くらいに一度、友達に強く勧められて観に行って。あまりに美しいので涙が出て来た。感動というのを通り越してしまって胸が痛くなって。哀しくなった。滅多にないことだけれど。美しいものを見ると何故だか哀しくてたまらなくなる。

友人に長い長いメールを送る。まもなく、彼女からも長めのメール。いつも互いのメールが相手の返事にはなっていない。そもそも、話しかける要素が薄くて。報告というのか、もっと言えば日記みたいな。でも。それはちゃんと「手紙」。相手のメールの中に「返事以上の何か」をいつも感じている。

書き癖というか。文章上の自分なりの法則について時々考えるのだけれど。「〜だけど」ではなく「〜だけれど」。「読んでない」ではなく「読んでいない」と書くことにこだわっているのに気付いた。喋る時は「れ」も「い」も抜けているのにね。だいたい、ツイッターでは一文字の節約が大きいのに(笑)

親の躾のおかげか話し言葉もきちんとしている方だと思うし、実際よくそう言われるのだけれど。あまり丁寧だと気味悪がられるので、意識的に崩すようにしていて。そちらの方が自然になってしまった。せめて書く時は元の言葉遣いに戻したいという意識があるのかもしれない。戻せている自信はないけれど。

時々は。「今日の私なんか可愛い」と思えた…と過去形で考える朝。可愛いより綺麗でありたいと願いつつ。最大限に自分を褒めても「可愛い」が精一杯で。それでも今になってみると充分「癒し」になってた。自信とか自惚れではなくて。誰かに認めて貰いたいのでもなくて。それは細やかな「癒し」なのだ。

仕方ない。癒しは他のところで求めましょう。そもそも癒されなくてはいけないわけでもない。溢れ返っている癒しグッズには魅力も感じない。ふとした瞬間に「あ、いいな」と思う何かに出会うだけでいい。その為にはやはり出ていかなくてはならないし。それが無理でもせめて窓を開けておかないと。

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2343-4421fc86

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 2014年8月(8)
  • 2014年10月14日 (火)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***