FC2ブログ
Loading…
 

紙魚家崩壊 九つの謎  北村 薫

2010.06.10 北村 薫   comments 0
4062765950
講談社文庫
Amazon

北村薫、そういえば読むの、かなり久しぶり。
何だっけ、女の子と落語家のシリーズ、大好きだった。
「ターン」「スキップ」「リセット」の三部作も。

さて、本作は副題に「九つの謎」、とあり、
ミステリのようなミステリでないような短編9つが収められている。
一作一作、趣向が異なるが、確かに、「謎」はある。
いや、冒頭の「溶けていく」は、ホラーかな?

・・・どうだろう。ミステリーというよりミステリ風、な感じ。
ミステリーを期待すると、裏切られた感じがするし、
奇妙な短編、というにはミステリ仕立てがうるさく感じる。
ちょっと、中途半端なような・・・。

などと言いつつ、私は、するすると呆気ないほど一気に、
この本を読み終えたのだが。

文章のリズムが良い。
一度乗っかってしまうと、自動的に流されていく。
少女風な色合いの、地味な可愛らしさが漂っている、優しい語り口。

この人の作風が好きなんだと思う。
甘さの奥の、ひとかけらのしょっぱさが、
とってもいい具合に効いている。
珍しい味付けではないのだけど、匙加減が私の舌に合う。

ほんわかとした雰囲気と、ぴりぴりの配分も良いのだ。
ほっとするのと、イタタ・・・と感じるのと。
あくまで優しい印象なんだけど、かなりグサグサ刺さってきたりする。
何気な~く、相当、鋭いのだ。

読んでない作品、まだまだあるし、ぼちぼち読もうっと。
(2010.6.3)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/236-cbbc429e

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 紙魚家崩壊 九つの謎  北村 薫
  • 2010年06月10日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***