Loading…
 

影をなくした男   シャミッソー

4003241711

岩波文庫
Amazon

影をなくした男の話。
薄暗く憂鬱なお伽噺という感じでしょうか。
けれども、妙に親近感が湧きます。

影というのは何かの暗喩なのか・・・
哲学的な香りのする寓話のようでもあります。

でも。影とは何か?なんて考えずとも面白い。
安部公房が好きな方だったら気に入るのでは。
何となく、雰囲気が似ています。

薄っぺたい本で、すぐ読めてしまうのですが。
不思議に尾を引く余韻が残ります。

(2014.8.14)
あと。挿絵が私はとても気に入りました。
表紙も、とても素敵ですよね?
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2363-d50195f2

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 影をなくした男   シャミッソー
  • 2014年11月26日 (水)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***