Loading…

ミステリ作家の嵐の一夜  G・M・マリエット

Posted by 彩月氷香 on 27.2015 G・M・マリエット   0 comments   0 trackback
4488221041
創元推理文庫
Amazon

嵐の一夜に、古城ホテルに閉じ込められたミステリ作家たち。
そこで殺人事件が起きる!と。
すっごい好きな感じのシチュエーションなので読んでみました。

悪くない。悪くないですけれど。何かが惜しい。
登場人物がもう少しだけ少なくても良かった。
いや、でも。状況から言って不自然な多さではない。
著者が登場人部を捌き切れていないっていうこともない。

だけど、殺された人物の描写が弱いのかなぁ。
もうちょっと最後に何かあるかと思った。
犯人は意外だったんですけれど。ああ、そっかぁ・・・

クリスティーの後継者という声もあるそうですが、褒め過ぎ。
作風的には彷彿とさせる気配はないことはないのですけれど。

年々、ミステリを読めば読むほど、
やっぱりクリスティーは女王の名にふさわしい、と思います。

文句を言いつつ、なかなか楽しませてもらえました。
他の作品も読んでみようかな。

(2014.12.13)
 
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2409-ecb3c3e9

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • ミステリ作家の嵐の一夜  G・M・マリエット
  • 2015年01月27日 (火)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***