Loading…

つぶやき集 2014年12月 2

Posted by 彩月氷香 on 11.2015 つぶやき集   0 comments   0 trackback
夜中に目が覚めて。しばらく声を出さずに泣いていた。哀しいとか淋しいとか、そういんじゃなかった。泣いたら気が楽になるわけでもなかった。涙を止められなかっただけ。ずっとずっと泣き続けられそうだったけれど。息が苦しくなるだけなので本を読み始めた。それでもやはり涙は止まらなかった。

泣きながら、とうとう本を一冊読み終え。朝になったら。泣きやむしかなかった。泣いても仕方ないことはわかっているし。そもそも泣きたいわけでもない。

アン・タイラー『時計を巻きにきた少女』。泣きながら読んでいたけれど。哀しい本という訳ではない。こんな家族いるわけないけれど、いたら困ると思うけれど。でも結局。家族ってこういうものかもしれないと思って。心の強ばりを解いてくれる素敵な終り方だったけれど。また泣きたくなった。

泣ける理由など、あり過ぎて、数えたくもない。たぶん、そういうこと。

自分が面倒くさい。嫌いなのではなくて。面倒くさい。ネガティブな気持ちではなくて。何だろう、自分に対して感じる面倒臭さは、不思議と明るい方向を向いている。

捨てたいけれど捨てられなかったものを。たぶん。捨てようとして私の中の小人たちが走り回っている。抵抗している怪獣の正体は何だろう。小人は闘うことなく使命をまっとうしたくて。怪獣はそんな虫のいいことは許さないと立ちはだかって。私は小人よりも怪獣に味方しそうになりながら眺めている。

心の中で闘いが起こっている、というよりも。起こるかも知れない状態にあって。それを避けるべきなのか、避けられないと覚悟するべきなのか、悩んでいる感じ。

乗り越えられるかな。乗り越えられるよね。

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2417-9329b930

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 2014年12月 2
  • 2015年01月11日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***