Loading…

家族の深淵  中井久夫

Posted by 彩月氷香 on 15.2015 中井久夫   0 comments   0 trackback
4622045931
みすず書房
Amazon

時間がなくて、駆け足で読んでしまいました。
気に留って書き写していたところが少しあるので転載します。

しかし、治療というものは、多くの一見の無駄を必要とし、多くの隠し味に支えられて成り立つものである。良質の隠し味が多い治療、水面下の部分が多い治療ほど、奥行きのある治療、ゆるぎにくい治療であると私は思う。

「多くの事物は、その『居心地のよさ」を保つために環境としての人間を頼みにしているようだ。きっと「居心地」をよくさせる人間とそうでない人間がいるのだろう。」

大勢の人間を率いて来た力が見える。人の輪の中にも積極的にはいっていく。気持ちよい礼儀正しさ。


感想になっていませんけれど。
読む度に中井久夫氏の文章はいいだなぁと思います。
氏の、人を見る目が特に好きです。

(2013.11.30)
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2425-7dc50e28

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 家族の深淵  中井久夫
  • 2015年01月15日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***