Loading…
 

モーダルな事象  奥泉 光

4163239707

文藝春秋
Amazon

本の厚さに、読み通せるか不安を抱きました。
奥泉氏の小説は遊び心満載、サービス満点で、
楽しいけれども高カロリーなイメージがあるので。

それは杞憂で、楽しく読了しました。
相変わらず、ハイテンションにぶっ飛んでます。

しかし。読み終えて、感想を書く気は失せました。
巻末の、千野帽子氏の解説が素晴らし過ぎて。
もう。これを読めば、言うことなぞありません。

ていうかですね。
千野氏が話の中で某作家について触れられ。
それが私のトラウマになっている事件に直結してまして。
蒸し返したくないので抽象的な話になってしまいますが。

未熟な読者は責められるべきものなのか?という自問自答。
いえ。責められていると感じるのは完全なる被害妄想。
読者として至らないという自覚の、歪んだ発露なのでしょうね。

千野帽子氏の解説は。
私では気付けないことを沢山教えてくれて。
それは楽しい発見や学びになったのですけれども。

たまたま、辛い思い出に繋がる一節があって。
そこで、ちょっと考え込んでしまいました。

読者は自分の身の丈にあった、
自分なりの解釈や楽しみ方で読書していい、と。
私はそう思っています。

でも。知識や思考力が足りないと「誤解」するのかな?
千野氏が「誤解」という言葉を使われていたのがひっかかって。

なぜこんなに気にするかというと。
私自身が「誤解をしている」と指摘された側に入るからで。
そのことに感情的な反発を感じてしまうというのもありますが。

私情を抑えて冷静になってみたところで。
その誤解の元となる知識の不足というのは、
補充されなければならないものなのか?という疑問があって。

あ。前提が曖昧なままの話でごめんなさい。

読書における「理解」というものに関しての個人的な話です。
「理解」なんてする気もないと公言しているくせに、
やはり自分の理解不足ということが気にかかってしまうのです。

読む側の自由ということばかり言い張るのも大人げないもので。
書き手への敬意として、理解する努力の姿勢もあるべきで。
その努力の範囲ということを考えてみたりするのです。
能力的にも、気力的にも。自分が出来るのはどのくらいか、って。

そして自分の努力の限度を越える場合は。
そもそも読書の範囲について見直した方がいいのではないか、とも。

一朝一夕に答えが出るものではないので。
それについては、ゆっくりと考えようと思っています。

まったく本の感想になっていなくて、ごめんなさい。

(2015.1.11)
本書はちなみに、本当に面白いです。
短大のダメ准教授が殺人事件に巻き込まれるお話。
千野帽子氏の解説も、問題の一節がなければ大好きでした。
嫌な思い出を呼び起こしたのは氏のせいではありません。
むしろ、いまだに嫌な気分になる自分が哀しいのです。
関連記事

クワコー1冊目ですよねー。
読みたいと思いながらもその後の2冊を読んでしまった上、
1冊目の厚さに引いてしまい(爆)読んでません。
しかもある程度古くなったのか図書館からもなくなり(資料室行き?)
文庫化にもならず(でも彩月さんのブログ画像は文庫?)モヤモヤしてる最中です。
あのクワコーの自虐ネタであの厚さ・・・
ちょっと躊躇しちゃうんですよねー。

その他、ゴシック・ミステリ?彩月さんが絶賛してる暗くて重くて
面白く、ヒロインより先に真相が分かったとお話されてる本・・・
とても読みたいです(〃∀〃)
2015.04.02 09:36 | URL | igaiga #JyN/eAqk [edit]
クワコーは、安定の自虐ネタのキャラなんですね〜
私も面白く読んだとはいえ、続篇を読むのはためらいます。

それにしても、しがない関西の短大っていうのがねぇ。
私の出身校がモデルじゃないだろーなーとか思いつつ。

あ。「毒の目覚め」はおススメです。
たぶん、igaigaさまなら(あ、失礼かも・・・)
なんていうか、万人に勧められる感じではないですし、
主人公の自虐具合も受け付けない人もいると思うし・・・

でも。何となく。igaigaさまなら楽しんで下さる予感。
適度に(?)イライラするかもしれませんけれど(笑)

あ、クワコーのこれ、単行本でしたよー。
デザインが文庫っぽいけど、単行本なんだと思います。
あれ、でも文庫化してるっぽい・・・

ちなみに、主人公同じだけど、続篇ではなくて。
結構、雰囲気は違うっぽいですよ〜
私は他を読んでないのでよくわかりませんが、
そんな意見を目にしました。
2015.04.03 21:36 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2449-fc94a357

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • モーダルな事象  奥泉 光
  • 2015年02月17日 (火)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***