Loading…

毒の目覚め (上)  S・J・ボルトン

Posted by 彩月氷香 on 11.2015 その他 翻訳ミステリ   0 comments   0 trackback
4488207057
創元推理文庫
Amazon

MWA賞に輝いたゴシック・ミステリ、と紹介されています。
「ゴシック・ミステリ」ってわかるようなわからぬような・・・

ゴシック小説ならだいたいわかるので。
それのミステリ版と思えばいいのでしょうね。

神秘的、幻想的な小説で。
怪奇現象、宿命、古城・古い館、廃墟、幽霊、
・・・などがモチーフになっている、ってので良いでしょうか?

まぁとにかく、英国の小さな村で蛇が異常発生するわけです。
蛇が苦手な人は読むのはやめた方が良いと思われます。
これでもか、これでもかと蛇がうようよ登場しますので。

ヒロインがまた過度に内省的と言いますか。
劣等感の塊のような、でもそれも無理のない過去を背負っていて。

ひとことで言うと。暗〜い。
私はこの雰囲気はかなり好きなので。わくわくと読みました。

(2015.1.17)
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2453-cef726c7

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 毒の目覚め (上)  S・J・ボルトン
  • 2015年03月11日 (水)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***