Loading…

シェルシーカーズ〈上〉  ロザムンド・ピルチャー

Posted by 彩月氷香 on 29.2015 ロザムンド・ピルチャー   0 comments   0 trackback
4931284086

朔北社
Amazon

それはどう考えてもワクワクすることが起こりそうにない生活だったが、エセル叔母さんは毎日をせいいっぱい楽しみ、いつも金づまりのはずなのに、それを心おどる、期待にあふれたものとしていた。

人はいつも老人の孤独について語る。しかしペネラピは自分に与えられた孤独を楽しんでいた。

父さん、よく言ってたわ。「人生は折り合いにつきる」って。

読むうちに言葉の一つ一つが溶けては消えていった。雨に洗われているガラス窓をとおして見た、さまざまな形のように。幸福を容易に見出す能力をもっていたソフィー。彼女は単に幸福を見出しただけではなかった。その全存在から幸福が輝き出ていた。

いつもながらごくありふれた素材から、ただ楽しい雰囲気をつくりだすだけでなく、目に快い風情をたくみに演出する母親の生まれながらの才能に感嘆せずにはいられなかった。

 独立自尊。それこそ、人生の大切なキーワード、運命が人に投げつける、どのような危機も乗り越えさせてくれる、ただ一つのものだ。自分自身でありつづけること。他に依存せずに独立独歩で生きること。あらゆる才能で才覚を働かせ、自分のことは自分で決めて行くこと。自分の余生についても、自分で決断をくだし、自分でその航路を定めて行くこと。

主人公のペネロピが、素敵過ぎます!
老いることに希望が湧いてくるような、魅力ある女性。

潔いんですね。そして精神が豊かで自由。
伸びやかな心の持ち主って、見ていて清々しい!

こちらの気持ちもぱぁぁっと晴れるようです。

それに比べて私と来たら・・・とグズグズ落ち込もうにも、
その代役のように、彼女の子供たちがダメダメぶりを発揮。

なぜ、この母にして、この子????
うん。それが作品として良い按配になっているんです。

(2015.2.23)
気にいったところを幾つか引用しましたが。
最後の一文、「航路」としているところがもしかすると、
まるで違う言葉かもしれません・・・
慌てて打ったせいか「コーウ」となっていて。
だとしたら「航路」?と推測したんですが。
うーんでも、何か違う気も・・・
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2484-50f107c5

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • シェルシーカーズ〈上〉  ロザムンド・ピルチャー
  • 2015年04月29日 (水)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***