Loading…
 

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究  ハイラム・W. スミス

4906638058

キングベアー出版
Amazon

内容をものっすごく要約致しますと。
生活のコントロール度合いを高めることで、
心の安らぎが得られる・・・ということ。

時間管理の本なわけですけれど。
そもそも「時間」とは「出来事」である、と。

時間管理はつまるところ、「人生」のコントロール。
ただし、まずは時間管理の前に自らの価値観を明確にする。
その価値観が日々の行動に反映することで初めて安らぎが得られる。

ええっと。整理しなおします。

時間管理
=最も価値があると思う事柄を日々の行動に反映させるシステム

心の安らぎ
=自らの行動と自らが最も価値を置くものとが一致している状態

はい。納得です。ですが、読み終えて思ったことは。
う・・・これは。えっと。えっと。
ひたすら「生産的に生きる」ことを求める人にしか出来ない生き方。

まぁでも。自らの憲法を作る、という考えは気に入ったので。
頑張って作ってみようとしましたが・・・難しかった・・・

たぶん。これはボツというか作り直しになりそうですけれど。
今のところ、出来上がったのはこんな感じ。

1 自分を大切にする
  これなしには他人も大切にできない
  ・毎日独りになる時間を持つ
  ・投げ遣りにならない

2 謙虚な人間でいる
   自分大事の人間と自覚した上で忘れてはならないこと
  
3 信頼に足る人間であるよう努める
  信じてもらえなくてもいいと思いがちだからこその戒め
  ・約束を守る
  ・素直に謝る
  ・陰口には参加しない

4 家族を愛し、大切にしている
  説明不要。常に感謝を忘れないこと
  
5 心身を健康に保つよう心掛ける
  疲労や体調不良を言い訳にする癖から卒業したい
  ・食べるものに気をつける
  ・質の良い睡眠をとる
  ・規則正しい生活をする
  ・よく噛んで食べる

6 常に美とともに生きる
  苦しい時の私を支えてくれたのはいつも美しいものでした 
  ・常に身の回りに置くものは美しいものを選ぶ
  ・美しいものと出会う機会を設ける
  ・自らも美しくあろうと常に心掛ける

7 学びの楽しさを忘れない 
  勉強が好きなわけではありませんが・・・
  ・しっかり頭を使う読書をする
  ・知らないことを知ろうとする姿勢
  
8 心を濁らせるものと距離を置く
  これは難しいけれど自衛のために必要なこと
  ・気晴らしや脱線のタネを増やさない
  ・情報の波に溺れがちな現状の改善

抜けているものもたくさんある気がしますが。
暫定的にはこういう感じですね、私の場合。

社会的貢献とか、経済的自立という要素が抜けていますし。
自らの社会性の欠如は重々自覚しておりますけれども。
現時点では、それは自分という人間の器を越えたものなので・・・

正義、決断、節約、規律、勤勉・・・などの要素も欠けてますが。
なんだか私にはどれもしっくり来ないものですから。
何とも、自分に甘い憲法ですよね、これじゃ。

付け加えられるとしたら。
「真の優しさを持つ」でしょうか。
みせかけではない強い優しさを持てたらと思っています。

以下、気になった文章の書き抜き。


人は夢や本当の価値観や目標を捨てたとき、虚しさが残るものだ。自分の理想を低くした状態がまさにそうなのだ。価値観も目標も薄っぺらなものになってしまう。

「心の安らぎ」を得るためには、価値観と目標を持つことが必要である。心の中に永久に理想を持ち続けることだ。妥協せずに、自分の実績を限りなく理想に近づけていこうと努力するのだ。それは簡単なことではないが、可能性は誰にでもある。

あなたは本当のところ、人生において何を望んでいるのだろうか。

自分の価値というものが、人の意見や自分の所有物、そのほか何らかの外的なものに基づいているとしたら、長い目で見れば必ず問題が起こる。

「心の安らぎ」を得るためのレシピには、「自分自身を好きになる」という材料が欠かせない。

「本来の自分でいなさい。それも完璧にね」

もしあなたが何かをたくさん持ちたいと思うなら、達成する最良の方法は、今持っているものを人に分け与えることなのだ。

教える人の人生が空っぽであれば何も伝えることはできない。

優柔不断に陥るのは、往々にして、解決しようとしている問題について十分な情報を持っていない場合である。決定にリスクが伴い、失敗を恐れるために、なかなか結論が出せないことになる。集められるだけの情報を集め、相対的な価値を検討しながら、最良と思われる決定を下す。結論を出さないでおくと、ほかの人や周囲の状況によって結論が出されてしまい、しかもそれが必ずしも自分に有利なものになるとは限らない。生産性の高い人は、多少のミスがあっても、優柔不断で何もできないでいるよりいいと考えている。


(2015.5.31)
目標を立て、実行する。
これが、出来ないんですよね・・・そもそも私。
無敵の優柔不断ですし・・・
生産性の低さにかけては自信があります!

目標を立てては挫折し、目標を立て直し。
その目標もポシャるので、また立て直し。
しまいに、もう目標なんていらないや!と。

でも。出来たことも少ないながらあるわけで。
だから、立てる目標がやはり間違っているのしょう。
一生かけて絶対に達成したい目標は何か?
・・・まず、そこを真剣に考え抜くべきなんだな。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2537-f3bc1a61

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究  ハイラム・W. スミス
  • 2015年06月08日 (月)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***