Loading…
 

なんにもない部屋のもの選び  ゆるりまい

4040669401

KADOKAWA/メディアファクトリー
Amazon

賛否が分かれる本ですよね。
ゆるりまいさんのイラストが正直、あまり上手くない。
シリーズで「なんにもない」と連呼するのが何となく気に障る。

良くも悪くも本人のミーハーなノリが軽い印象を醸し出す。
いい物を選んでるのはわかるんだけど・・・
何だろう、あまり面白みがないというかセレクトが平凡。

でも。汚部屋の住人からここまで登り詰めた(?)のは。
純粋にその熱意が凄いなぁ・・・と感心します。

ご本人が楽しそうにしてらっしゃるし。いいと思う。

参考にもならなかったし(好みが全然違う)。
憧れもまったく感じないし(やはりガラーン具合が受け付けない)。

なかなか、ここまでやり切れる人はいないということで。
この「ガラーン」が商品価値なのだなぁと思います。

そんなエラそうな上から目線な発言をしてる私はと言えば。
統一感はそれなりにはあるけれど、物は結構多いという、
ごくごく普通な(たぶん)、暮らしぶりだったりします。

ミニマムな生活への憧れはまだ消えてはいなくて。
少数精鋭志向と、コレクター魂が闘っている状態。

しかも・・・。私事になりますが。
長年、危険だから手を出すまいと誓っていた、
万年筆の世界に先日とうとう、足を踏み出してしまいました。

万年筆なら一本で充分!と理性が言い聞かせても。
細い字を書きたいときもあれば、太い字を書きたいときも。
黒字もいいけど、ブルーブラックやボルドーの気分の時も。
カジュアルな日もあるし、フォーマルの日もある。

だから、だから。
保管に苦労しない程度なら持ってもいい。
物がない方が落ち着く人ばかりじゃないんだ。

(あれ・・・。完全に開き直りだしたぞ!)

でも。物が多くなり過ぎないためのルールは守っています。
万年筆はルールを崩壊させるくらいの威力があるアイテムですが。
その危険な海原に乗り出すことを決心したからには。
きっちりと自分の作ったルールは守り切るつもりです。

あ。本の感想じゃなくなってる・・・

強引に話をまとめますと。この本が教えてくれたことは。
「物が極端に少ない暮らしを私は望んではいない」ということ。

物が少ない部屋や家に共通しているのは色彩の単調さで。
色や素材が数えられるくらいに限定されている。
(だからこそ、すっきり見えるわけですけれども)

私は色のグラデーションやハーモニーが好き。
高級なものを絞りこんで持つことでは生まれない、
思いがけない安物の中にも見つかる理想の色合わせが愛しい。

ふと。森茉莉の「贅沢貧乏」を読み返したくなりました。

(2015.6.15)
「物が多くなり過ぎないためのルール」は実はかなり曖昧です。
一例として、万年筆に関してのルールを挙げます。
(ツイッターでつぶやいたものの転載)


万年筆。奥が深くて楽しいに決まっているけれど。どっぷりハマるのはやはり怖い。だから。自分なりに心構えというか、ルールというか、節度を保つための決まりを持って、その道に入っていきたいと思う。文字を書くことを楽しむ、というところから外れないように。あれもこれも、と欲張らないように。

できれば。一つのメーカーは一本まで。色違いとかは買わない。この型ならこの色!と絞る。うっかり増やしたら手放す。軸とインクの色のコーディネイトにはとことん、こだわる。それぞれの軸に一番似合うインクを真剣に探す。とにかく、一本一本に愛情を持って接する。希少価値だからと浮き足立たない。


贅沢貧乏
森 茉莉
4103215038
新潮社
Amazon
ある意味、私の原点とも言える本。
関連記事

確かにわかるー。
イラストを書いてない初期の頃のブログは好きでしたね。
ただ、この方の場合は家が新築なのも有利に働いてるかな?と思いました。

私も出来るだけ物をすくなくと思っていますが、ここまでは無理デス。

彩月さんの万年筆愛のツイッターを読んでから私も万年筆愛が再発し、
万年筆で手紙書きました(〃ω〃)
2015.07.10 16:18 | URL | igaiga #JyN/eAqk [edit]
「家が新築なのも有利に働いてる」のはホント、思いますー。

物・・・私もだいぶ思いきって減らしたんですけれどね。
反動なのか、今、徐々に増えつつある・・・(^_^;)))

万年筆、いいですよね〜♪ (">ω<)っ))
ウザいツイを連発してしまったと反省していたので。
igaigasaさんの万年筆愛復活のお役に立てて嬉しいです♪

万年筆は綺麗だし、インクの色が豊富で楽しいし、
何より手が疲れないんですよね〜。

最後の一点には、今更に気が付いたのですけれど。
これ、かなりポイント高いです。
2015.07.11 09:17 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
氷香さん こんばんは

上の方同様、初期のブログは好きでした。

今はもうビジネスでやっているようにしか思えないので

ネタにしか見れなくなってしまいました。

あそこまでは現実的じゃないと思います、個人的に。
2015.07.11 21:47 | URL | t0m0 #JyN/eAqk [edit]
そうかもしれません。
ネタっぽいというか。ずいぶん「引き延ばし」てる感ありますね。
棚の中とか。隠してるところあるんじゃないかと思えてきますし。

現実的ではない、というのは私もすごく感じます・・・
2015.07.13 06:10 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2549-6cc4d395

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • なんにもない部屋のもの選び  ゆるりまい
  • 2015年07月08日 (水)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***