Loading…
 

幸福論  アラン

2015.10.18 哲学   comments 0
4560720983
白水Uブックス
Amazon

読みながら付箋を挟んでいたところの引用を以下に。
感想は割愛させていただきます。


わたしが満足しているのは暖まったからではない。満足しているから暖まるのである。

幸福を人々は果物のように味わったり批評したりするが。
果物だって味をよくする方法があるのだ。

欲望というものは、発展して意志のかたちをとらなければ、衰えてしまう。

感情を救うものは制度である。

私は自分の声が自分に対してどんなに強い影響を与えるか、よく知っている。

われわれは、自分自身の目からみると、あまりに弱く、あまりに移り気である。自分にあまりに近すぎる。すべての均衡を正しく保って、自分について正しい見通しを見いだすことは容易ではない。

不運や、つまらぬ物事に対して、上機嫌に振る舞う。

しばしば私は考えるのだが、むき出しの、もっともつらい情念である恐怖は、優柔不断の感情にほかならない。

優雅さとは、だれにも不安を与えず傷つけもしない幸福な表現であり、動作である。そして、この種の長所は幸福にとって大いに重要である。生活の心得は、断じてこうした点をなおざりにすべきではない。

考え込んでいるより、行動すること。
なるべく上機嫌でいること。
礼儀正しく生きること。


(2015.6.28)
引用したうちの、最後の二つを常に心に刻んでおきたいです。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2551-c72ab812

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 幸福論  アラン
  • 2015年10月18日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***