FC2ブログ
Loading…
 

ローマ人への20の質問  塩野七生

4166600826
文春新書
Amazon

面白かった。
何より読みやすくてわかりやすい。

それにしても、自分の歴史の知識の乏しさを実感した。
ギリシアとローマの関係すら理解していなかったのだ。

著者がローマに肩入れしすぎの感は否めないけれど、
歴史への素朴な興味を甦らせてくれた、貴重な本。
ギリシア・ローマの時代の歴史、勉強してみても楽しそう、
とそんな気持ちが湧いてくる。

キリスト教世界より、ギリシア・ローマの多神教の世界の方が好きかも。
悪の根絶でなく、節度を「徳」とした、っていう辺りが気に入った。

酒を飲まなかったのではない、酔っ払わなかっただけだ、って。
・・・私もそういう姿勢で生きていきたい。

(2001.7.27)
最近、塩野さんのローマの本を読み始めています。
うん、やっぱり興味深い。ローマは気になる。
私は、祖母がクリスチャンであったり、自身もミッションスクール卒で、
家に仏壇も無かった・・・などなどの理由で、仏教よりキリスト教に
理解と愛着があるのですが、その弊害も感じていて、
いっそキリスト以前、の時代に惹かれたりします。
実はローマよりギリシャの方が私は好きかもと思うんだけど。
塩野女史はローマフリークな人だから。
ギリシャ愛好家の本も読んでみなきゃ不公平よね。何読んだらいいんだろ?


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/257-8134a44b

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • ローマ人への20の質問  塩野七生
  • 2010年06月28日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***