Loading…

「全身の疲れ」がスッキリ取れる本  志賀一雅

Posted by 彩月氷香 on 10.2015 健康・美容   0 comments   0 trackback
4837978029
知的生きかた文庫
Amazon

「病いは気から」と言いますが。
「疲れも気から」だということが書いてあります。
「疲れる、疲れないは自分の主観で決まる」のだ、と。

では疲れないような気持ちの持ち方は、と言いますと・・・
少しだけ(しかもだいぶ大雑把ですが)例を挙げますね。

後悔ではなく、反省する
 「なんでこんなことをしちゃったんだ!」というのは後悔
 「次はこうしよう」と解決策を冷静に考えるのが反省
 解決策が見えれば、それ以上くよくよ悩むこともなくなる

日常生活の小さな幸運に気付く
 たいていの人が当たり前と思うことを
 「ラッキー」と捉えることで気分よく過ごせ、疲れも軽減

手抜きをしない
 手抜きをすると逆に疲れを強く感じる
 それは手抜きをすることで満足感を感じられなくなるから
 時間がかかっても手抜きせずに、きちんとやり通せば
 達成感があり、疲労を感じない

「ねばならない」式の思考をやめる
 脳の緊張を招き、能力も低下し、疲れやすくなる

「ありがとう」と心の底から言う習慣を
 相手も笑顔に出来、自身も疲れが吹き飛ぶ


あとは。食事のコツというのが。いいな!と思いました。

1 食事する前に「美味しそう」と心をときめかせる
2 食事の最中に「うん、おいしい」と味わう
3 食後に「あー美味しかった」と満足感に浸る

おいしそう、おいしい、おいしかった、と
三度ときめくことで、ドーパミンが出て疲れもとれる

この食事のコツは苦手な仕事や高いレベルの仕事にも応用可

「できそう」「できる」「できた!」

納得できるというか。
いいですね、この考え方。

疲れを取るために、と読み漁った本のなかで。
この本が一番、好きです。

(2015.6.2)
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2576-5ac07dfe

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 「全身の疲れ」がスッキリ取れる本  志賀一雅
  • 2015年11月10日 (火)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***