Loading…
 

下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」  中野ジェームズ修一

447930438X
だいわ文庫
Amazon

筋肉量が多いと疲れにくくなる。
階段を使ってもしんどくない、ちょっと走ってもバテない。

なぜ下半身なのか?
 
1 「老化は足腰に」というように、下半身から衰えるから。
  
2 下半身には全身のなかでも大きな筋肉が集中しているから。
  効率的に脂肪燃焼しやすい体質をつくることができる。

3 下半身の筋肉を増やせば、むくみも解消でき、
  血液の循環もよくなるから。

何をするか。階段を昇る。キビキビ歩く。
2ヶ月続ければ、効果が感じられる。

ソファに座る時間を減らす。

寝る2時間前に食事を終える。

水を常温で飲みことにこだわる必要は無い。
コップ1杯や2杯に水で体が冷えて体温が上がらなくなるほど、
人間のからだはヤワではない。
からだを冷やさないために、冷たいものを飲まないというのは、
根拠のない話。

冷え性の人は総じて筋肉量が少ないことが多い。
コーヒーや冷たい物を飲まないというのは本質的でない。
筋肉を増やす事。

筋トレをすると。
 風をひかなくなる。
 靴下を2、3枚重ねばきしていたのが、裸足で平気になる。
 
集中力をつけるトレーニング
 1 まず本を選ぶ。入り込めるもの。
 2 トレーニング開始。1セットを集中して。
 3 1セット終えたら、インターバル(60〜90秒)に 
   用意した本を読む。約2頁(人による)
 4 トレーニング2セットめ。
 5 また本を読む。
  → この繰り返し。

運動と読書という別の世界にそれぞれ集中できるようになる。

仕事も同じく、3分仕事に集中。
次に読書かパズルなどを3分。
この繰り返し。慣れたら時間を5分、10分と伸ばす。

集中力が落ちたら、そのまま続けないこと。
能率が落ちるので、思いきって違うことをする。
外へ出て歩く、買い物へ行くなど。

駅までキビキビ歩くだけでも、筋肉は鍛えられる。

食べたいと思ったら、何故食べたいか、考える。
すると食欲が消える。

夜遅い日の食事は脂肪分を控える。

小さな目標を立て、ひとつ達成したら、一つスタンプ。
例)極力階段で移動する つり革につかまらずに立つ。

(2015.10.1)
かなり雑ですが。読んだ時のメモをそのままに。
ひょっとしたことで、自分の筋肉量の予想以上の少なさを知り。
慌てて読んでみたのが本書でした・・・
自分が冷え性なのは、筋肉が無さ過ぎるせいだというのは納得。
それに、冷たいものを飲んだり食べたりしたい人なので。
あ!いいんだ!と嬉しかったりしました。
常温の飲み物にこだわるのって、ずっと違和感あったんです。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2639-5dda575f

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」  中野ジェームズ修一
  • 2016年01月26日 (火)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***