Loading…
 

三島由紀夫レター教室  三島由紀夫

4480025774
ちくま文庫
Amazon

ちょっと、嫌になるくらい、ほんと。
三島由紀夫って「上手い」なぁ。

芝居がかっていて、しつこいと感じる人もいるのかな。
私なぜか、このあざとい程の才気煥発さが好きだ。

この作品は5人の登場人物の間にかわされる手紙を、
順々に紹介して行く形式で描かれています。

手紙の文面からのみ窺い知る人物像が鮮やか過ぎる。
実際こんな手紙を書く人がいるのかどうかと疑うような、
出来過ぎて饒舌な手紙ばかり・・・かもしれないけれど。

三島由紀夫のどこに惹かれるのだろうかと考えていて。
やはり彼独特の「シニカルさ」なのだろうかと。

シニカルな台詞、視点。
それが冷淡でもないし、でもユーモアの範疇にもない。

私が「シニカルなもの」を好むということではなくて。
むしろどちらかというと嫌いなはずなのだけれど。
三島由紀夫の発している「シニカルさ」は心地よい。
彼の高過ぎる自意識が、不思議と息苦しくない。

文章も思考も明晰で、鮮やかなところが気持ちが良い。
うん・・・ちょっと気持ち悪いくらいかな。

私には。三島由紀夫の文章は愉しいのです。
羨ましさや憧れすら感じないほど別次元に思えるからでしょうか。

 世の中の人間は、みんな自分勝手の目的へ向かって邁進しており、他人に感心を持つのはよほど例外的だ、とわかったときに、はじめてあなたの書く手紙にはいきいきとした力がそなわり、人の心をゆすぶる手紙が書けるようになるのです。


(2015.9.24)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2640-f76d385d

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 三島由紀夫レター教室  三島由紀夫
  • 2016年01月27日 (水)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***